Home > 関係法令(31~40) > H29前期-問40

H29前期-問40

ボイラー(小型ボイラーを除く。)の検査及び検査証について、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:ボイラー(移動式ボイラーを除く。)を設置した者は、所轄労働基準監督署長が検査の必要がないと認めたボイラーを除き、落成検査を受けなければならない。

2:ボイラー検査証の有効期間の更新を受けようとする者は、性能検査を受けなければならない。

3:ボイラー検査証の有効期間は、原則として1年であるが、性能検査の結果により1年未満又は1年を超え2年以内の期間を定めて更新される。

4:性能検査を受ける者は、原則として、ボイラー(燃焼室を含む。)及び煙道を冷却し、掃除し、その他性能検査に必要な準備をしなければならない。

5:ボイラーの空気予熱器に変更を加えた者は、所轄労働基準監督署長が検査の必要がないと認めたボイラーを除き、変更検査を受けなければならない。

答:5

1:正しい。ボイラー(移動式ボイラーを除く。)を設置した者は、所轄労働基準監督署長が検査の必要がないと認めたボイラーを除き、落成検査を受けなければならない。

2:正しい。ボイラー検査証の有効期間の更新を受けようとする者は、性能検査を受けなければならない。

3:正しい。ボイラー検査証の有効期間は、原則として1年であるが、性能検査の結果により1年未満又は1年を超え2年以内の期間を定めて更新される。

4:正しい。性能検査を受ける者は、原則として、ボイラー(燃焼室を含む。)及び煙道を冷却し、掃除し、その他性能検査に必要な準備をしなければならない。

5:誤り。ボイラーの空気予熱器に変更を加えた場合には、変更検査を受ける必要がない。

スポンサーリンク

Home > 関係法令(31~40) > H29前期-問40

Page Top

© 2011-2019 過去問.com