Home > ボイラーの構造(1~10) > H29前期-問6

H29前期-問6

ボイラーに使用するブルドン管圧力計について、誤っているものは次のうちどれか。

1:圧力計は、原則として胴又は蒸気ドラムの一番高い位置に取り付ける。

2:圧力計と胴又は蒸気ドラムとの間に水を入れたサイホン管などを取り付け、蒸気がブルドン管に直接入らないようにする。

3:圧力計は、ブルドン管とダイヤフラムを組み合わせたもので、ブルドン管が圧力によって伸縮することを利用している。

4:ブルドン管は、断面が扁平な管を円弧状に曲げ、その一端を固定し他端を閉じたものである。

5:圧力計のコックは、ハンドルが管軸と同一方向になったときに開くように取り付ける。

答:3

1:正しい。圧力計は、原則として胴又は蒸気ドラムの一番高い位置に取り付ける。

2:正しい。圧力計と胴又は蒸気ドラムとの間に水を入れたサイホン管などを取り付け、蒸気がブルドン管に直接入らないようにする。

3:誤り。ブルドン管圧力計は、ブルドン管と扇形歯車を組み合わせたもので、ブルドン管が圧力によって伸縮することを応用している。

4:正しい。ブルドン管は、断面が扁平な管を円弧状に曲げ、その一端を固定し他端を閉じたものである。

5:正しい。圧力計のコックは、ハンドルが管軸と同一方向になったときに開くように取り付ける。

スポンサーリンク

Home > ボイラーの構造(1~10) > H29前期-問6

Page Top

© 2011-2019 過去問.com