Home > 燃料及び燃焼(21~30) > H28後期-問26

H28後期-問26

重油燃焼によるボイラー及び附属設備の低温腐食の抑制措置として、誤っているものは次のうちどれか。

1:硫黄分の少ない重油を選択する。

2:燃焼ガス中の酸素濃度を上げる。

3:給水温度を上昇させて、エコノマイザの伝熱面の温度を高く保つ。

4:蒸気式空気予熱器を用いて、ガス式空気予熱器の伝熱面の温度が低くなり過ぎないようにする。

5:重油に添加剤を加え、燃焼ガスの露点を下げる。

答:2

1:正しい。硫黄分の少ない重油を選択することで、低温腐食を抑制することができる。

2:誤り。燃焼ガス中の酸素濃度を下げることで、低温腐食を抑制することができる。

3:正しい。給水温度を上昇させてエコノマイザの伝熱面の温度を高く保つことで、低温腐食を抑制することができる。

4:正しい。蒸気式空気予熱器を用い、ガス式空気予熱器の伝熱面の温度が低くなり過ぎないようにすることで、低温腐食を抑制することができる。

5:正しい。重油に添加剤を加え、燃焼ガスの露点を下げることで、低温腐食を抑制することができる。

スポンサーリンク

Home > 燃料及び燃焼(21~30) > H28後期-問26

Page Top

© 2011-2019 過去問.com