Home > 燃料及び燃焼(21~30) > H28後期-問25

H28後期-問25

ボイラー用固体燃料と比較したボイラー用気体燃料の特徴として、誤っているものは次のうちどれか。

1:成分中の炭素に対する水素の比率が低い。

2:メタンなどの炭化水素が主成分で、種類によっては、水素、一酸化炭素などを含有する。

3:発生する熱量が同じ場合、CO2の発生量が少ない。

4:燃料中の硫黄分や灰分が少なく、伝熱面や火炉壁を汚染することがほとんどない。

5:漏えいすると、可燃性混合気を作りやすく爆発の危険がある。

答:1

1:誤り。気体燃料は、メタンなどの炭化水素を主成分とし、成分中の炭素に対する水素の比率が高い。

2:正しい。気体燃料はメタンなどの炭化水素が主成分で、種類によっては、水素、一酸化炭素などを含有する。

3:正しい。気体燃料は、発生する熱量が同じ場合、CO2の発生量が少ない。

4:正しい。気体燃料には燃料中の硫黄分や灰分が少なく、伝熱面や火炉壁を汚染することがほとんどない。

5:正しい。気体燃料が漏えいすると、可燃性混合気を作りやすく爆発の危険がある。

スポンサーリンク

Home > 燃料及び燃焼(21~30) > H28後期-問25

Page Top

© 2011-2019 過去問.com