Home > 燃料及び燃焼(21~30) > H28後期-問24

H28後期-問24

油だきボイラーにおける重油の加熱について、誤っているものは次のうちどれか。

1:粘度の低い重油は、噴霧に適した粘度にするため加熱する。

2:C重油の加熱温度は、一般に80~105℃である。

3:加熱温度が高すぎると、いきづき燃焼となる。

4:加熱温度が高すぎると、バーナ管内で油が気化し、べーパロックを起こす。

5:加熱温度が低すぎると、霧化不良となり、燃焼が不安定となる。

答:1

1:誤り。粘度の高い重油は、噴霧に適した粘度にするため加熱する。

2:正しい。C重油の加熱温度は、一般に80~105℃である。

3:正しい。加熱温度が高すぎると、いきづき燃焼となる。

4:正しい。加熱温度が高すぎると、バーナ管内で油が気化し、べーパロックを起こす。

5:正しい。加熱温度が低すぎると、霧化不良となり、燃焼が不安定となる。

スポンサーリンク

Home > 燃料及び燃焼(21~30) > H28後期-問24

Page Top

© 2011-2019 過去問.com