Home > ボイラーの構造(1~10) > H28後期-問2

H28後期-問2

ボイラーの燃焼室、伝熱面及び燃焼装置について、誤っているものは次のうちどれか。

1:燃焼室は、燃料を燃焼し熱を発生する部分で、火炉ともいわれる。

2:燃焼装置は、燃料の種類によって異なり、液体燃料、気体燃料及び微粉炭にはバーナが、一般固体燃料には火格子などが用いられる。

3:燃焼室は、供給された燃料を速やかに着火、燃焼させ、発生する可燃性ガスと空気との混合接触を良好にして完全燃焼を行わせる部分である。

4:加圧燃焼方式の燃焼室は、気密構造になっている。

5:燃焼室に直面して火炎などから受けた放射熱を水や蒸気に伝える伝熱面は、接触伝熱面といわれる。

答:5

1:正しい。燃焼室は、燃料を燃焼し熱を発生する部分で、火炉ともいわれる。

2:正しい。燃焼装置は、燃料の種類によって異なり、液体燃料、気体燃料及び微粉炭にはバーナが、一般固体燃料には火格子などが用いられる。

3:正しい。燃焼室は、供給された燃料を速やかに着火、燃焼させ、発生する可燃性ガスと空気との混合接触を良好にして完全燃焼を行わせる部分である。

4:正しい。加圧燃焼方式の燃焼室は、気密構造になっている。

5:誤り。燃焼室に直面して火炎などから受けた放射熱を水や蒸気に伝える伝熱面は、放射伝熱面といわれる。

スポンサーリンク

Home > ボイラーの構造(1~10) > H28後期-問2

Page Top

© 2011-2019 過去問.com