Home > ボイラーの構造(1~10) > H27後期-問10

H27後期-問10

ボイラーのドラム水位制御について、誤っているものは次のうちどれか。

1:水位制御は、負荷の変動に応じて給水量を調節するものである。

2:単要素式は、水位だけを検出し、その変化に応じて給水量を調節する方式である。

3:2要素式は、水位と給水流量を検出し、その変化に応じて給水量を調節する方式である。

4:電極式水位検出器、蒸気の凝縮によって検出筒内部の水の純度が高くなると、正常に作動しなくなる。

5:熱膨張管式水位調整装置は、金属管の温度の変化による伸縮を利用したもので、電力などの補助動力を要しないので自力式制御装置といわれる。

答:3

1:正しい。水位制御は、負荷の変動に応じて給水量を調節するものである。

2:正しい。単要素式は、水位だけを検出し、その変化に応じて給水量を調節する方式である。

3:誤り。2要素式は、水位と蒸気流量を検出し、その変化に応じて給水量を調節する方式である。

4:正しい。電極式水位検出器、蒸気の凝縮によって検出筒内部の水の純度が高くなると、正常に作動しなくなる。

5:正しい。熱膨張管式水位調整装置は、金属管の温度の変化による伸縮を利用したもので、電力などの補助動力を要しないので自力式制御装置といわれる。

スポンサーリンク

Home > ボイラーの構造(1~10) > H27後期-問10

Page Top

© 2011-2019 過去問.com