Home > ボイラーの取扱い(11~20) > H17後期-問20

H17後期-問20

ボイラーの酸洗浄に関する次の記述のうち、誤っているものは次のうちどれか。

1:酸洗浄は、ボイラー内面に付着、残留している油脂及びペンキ類などを除去するために行う。

2:洗浄作業は、ボイラー本体に取り付けられている附属品を取り外して行う。

3:使用薬品には、通常、塩酸が多く用いられる。

4:酸洗浄には、酸によるボイラーの腐食を防止するため、抑制剤(インヒビタ)が添加される。

5:酸洗浄作業中は、水素を発生するので、ボイラー辺では火気を厳禁とする。

答:1

1:誤り。酸洗浄は、ボイラー内のスケールを除去するために行う。ボイラー内面に付着、残留している油脂及びペンキ類などを除去するために行うのはアルカリ洗浄である。

2:正しい。酸洗浄作業は、ボイラー本体に取り付けられている附属品を取り外して行う。

3:正しい。酸洗浄の使用薬品には、通常、塩酸が多く用いられる。

4:正しい。酸洗浄には、酸によるボイラーの腐食を防止するため、抑制剤(インヒビタ)が添加される。

5:正しい。酸洗浄作業中は、水素を発生するので、ボイラー辺では火気を厳禁とする。

スポンサーリンク

Home > ボイラーの取扱い(11~20) > H17後期-問20

Page Top

© 2011-2018 過去問.com