Home > 労働衛生(有害業務以外) > H30後期-問32

H30後期-問32

出血及び止血法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:体内の全血液量は、体重の約8%で、その約3分の1を短時間に失うと生命が危険な状態となる。

2:止血法には、直接圧迫法、間接圧迫法などがあるが、一般人が行う応急手当としては直接圧迫法が推奨されている。

3:静脈性出血は、傷口からゆっくり持続的に湧き出るような出血で、通常、直接圧迫法で止血する。

4:止血帯を施した後、受傷者を医師に引き継ぐまでに1時間以上かかる場合には、止血帯を施してから1時間ごとに1~2分間、出血部から血液がにじんでくる程度まで結び目をゆるめる。

5:止血を行うときは、処置者の感染防止のため、ビニール手袋を着用したりビニール袋を活用したりして、受傷者の血液に直接触れないようにする。

答:4

1:正しい。体内の全血液量は、体重の約8%で、その約3分の1を短時間に失うと生命が危険な状態となる。

2:正しい。止血法には、直接圧迫法、間接圧迫法などがあるが、一般人が行う応急手当としては直接圧迫法が推奨されている。

3:正しい。静脈性出血は、傷口からゆっくり持続的に湧き出るような出血で、通常、直接圧迫法で止血する。

4:誤り。止血帯を施した後、受傷者を医師に引き継ぐまでに1時間以上かかる場合には、止血帯を施してから30分ごとに1回、出血部から血液がにじんでくる程度まで結び目をゆるめる。

5:正しい。止血を行うときは、処置者の感染防止のため、ビニール手袋を着用したりビニール袋を活用したりして、受傷者の血液に直接触れないようにする。

スポンサーリンク

Home > 労働衛生(有害業務以外) > H30後期-問32

Page Top

© 2011-2019 過去問.com