Home > 労働衛生(有害業務以外) > H30後期-問30

H30後期-問30

一次救命処置に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:傷病者の反応がない場合は、その場で大声で叫んで周囲の注意を喚起し、協力者を確保する。

2:周囲に協力者がいる場合は、119番通報やAED(自動体外式除細動器)の手配を依頼する。

3:口対口人工呼吸は、傷病者の気道を確保してから鼻をつまみ、1回の吹き込みに約3秒かけて傷病者の胸の盛り上がりが見える程度まで吹き込む。

4:胸骨圧迫は、胸が約5cm沈む強さで、1分間に100~120回のテンポで行う。

5:AEDを用いた場合、心電図の自動解析の結果「ショックは不要です」などのメッセージが流れたときには、胸骨圧迫を開始し心肺蘇生を続ける。

答:3

1:正しい。傷病者の反応がない場合は、その場で大声で叫んで周囲の注意を喚起し、協力者を確保する。

2:正しい。周囲に協力者がいる場合は、119番通報やAED(自動体外式除細動器)の手配を依頼する。

3:誤り。口対口人工呼吸は、傷病者の気道を確保してから鼻をつまみ、1回の吹き込みに約1秒かけて傷病者の胸の盛り上がりが見える程度まで吹き込む。

4:正しい。胸骨圧迫は、胸が約5cm沈む強さで、1分間に100~120回のテンポで行う。

5:正しい。AEDを用いた場合、心電図の自動解析の結果「ショックは不要です」などのメッセージが流れたときには、胸骨圧迫を開始し心肺蘇生を続ける。

スポンサーリンク

Home > 労働衛生(有害業務以外) > H30後期-問30

Page Top

© 2011-2019 過去問.com