Home > 関係法令(有害業務) > H30後期-問2

H30後期-問2

次の作業のうち、法令上、作業主任者を選任しなければならないものはどれか。

1:鉛蓄電池を解体する工程において人力で鉛等を運搬する業務に係る作業

2:屋内作業場におけるアーク溶接の作業

3:レーザー光線による金属加工の作業

4:試験研究業務として塩素を取り扱う作業

5:潜水器を用いボンベからの給気を受けて行う潜水作業

答:1

1:正しい。鉛蓄電池を解体する工程において人力で鉛等を運搬する業務に係る作業では、鉛作業主任者を選任しなければならない。

2:誤り。屋内作業場におけるアーク溶接の作業では、作業主任者を選任する必要はない。

3:誤り。レーザー光線による金属加工の作業では、作業主任者を選任する必要はない。

4:誤り。試験研究業務として塩素を取り扱う作業では、作業主任者を選任する必要はない。

5:誤り。潜水器を用いボンベからの給気を受けて行う潜水作業では、作業主任者を選任する必要はない。

スポンサーリンク

Home > 関係法令(有害業務) > H30後期-問2

Page Top

© 2011-2019 過去問.com