Home > 関係法令(有害業務) > H30前期-問10

H30前期-問10

労働基準法に基づく有害業務への就業制限に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:妊娠中の女性は、異常気圧下における業務に就かせてはならない。

2:満18歳以上で産後8週間を経過したが1年を経過しない女性から、著しく寒冷な場所における業務に従事しない旨の申出があった場合には、当該業務に就かせてはならない。

3:満18歳以上で産後8週間を経過したが1年を経過しない女性から、さく岩機、鋲打機等身体に著しい振動を与える機械器具を用いる業務に従事したい旨の申出があった場合でも、当該業務に就かせてはならない。

4:満18歳以上で産後1年を経過した女性から、20kgの重量物を継続作業で取り扱う業務に従事したい旨の申出があった場合には、当該業務に就かせることができる。

5:満18歳未満の者は、土石、獣毛等のじんあい又は粉末を著しく飛散する場所における業務に就かせてはならない。

答:4

1:正しい。妊娠中の女性は、異常気圧下における業務に就かせてはならない。

2:正しい。満18歳以上で産後8週間を経過したが1年を経過しない女性から、著しく寒冷な場所における業務に従事しない旨の申出があった場合には、当該業務に就かせてはならない。

3:正しい。満18歳以上で産後8週間を経過したが1年を経過しない女性から、さく岩機、鋲打機等身体に著しい振動を与える機械器具を用いる業務に従事したい旨の申出があった場合でも、当該業務に就かせてはならない。

4:誤り。20kg以上の重量物を継続作業として取り扱う業務は、全ての女性労働者について、就業が禁止されている。

5:正しい。満18歳未満の者は、土石、獣毛等のじんあい又は粉末を著しく飛散する場所における業務に就かせてはならない。

スポンサーリンク

Home > 関係法令(有害業務) > H30前期-問10

Page Top

© 2011-2019 過去問.com