Home > 関係法令(有害業務) > H29後期-問3

H29後期-問3

特定化学物質の第一類物質に関する次の記述のうち、法令上、正しいものはどれか。

1:第一類物質は、「クロム酸及びその塩」をはじめとする7種の発がん性の認められた化学物質並びにそれらを一定量以上含有する混合物である。

2:第一類物質を製造しようとする者は、あらかじめ、物質ごとに、かつ、当該物質を製造するプラントごとに厚生労働大臣の許可を受けなければならない。

3:第一類物質を容器に入れ、容器から取り出し、又は反応槽等へ投入する作業を行うときは、発散源を密閉する設備、外付け式フードの局所排気装置又はプッシュプル型換気装置を設けなければならない。

4:第一類物質を取り扱う屋内作業場についての作業環境測定結果及びその評価の記録を保存すべき期間は、3年である。

5:第一類物質を取り扱う業務に常時従事する労働者に係る特定化学物質健康診断個人票を保存すべき期間は、5年である。

答:2

1:誤り。第一類物質は、7種の発がん性の認められた化学物質並びにそれらを一定量以上含有する混合物である。「クロム酸及びその塩」は第二類物質である。

2:正しい。第一類物質を製造しようとする者は、あらかじめ、物質ごとに、かつ、当該物質を製造するプラントごとに厚生労働大臣の許可を受けなければならない。

3:誤り。第一類物質を容器に入れ、容器から取り出し、又は反応槽等へ投入する作業を行うときは、発散源を密閉する設備、囲い式フードの局所排気装置又はプッシュプル型換気装置を設けなければならない。

4:誤り。第一類物質と第二類物質のうち、特別管理物質を取り扱う屋内作業場についての作業環境測定結果及びその評価の記録を保存すべき期間は30年である。

5:誤り。第一類物質と第二類物質のうち、特別管理物質を取り扱う業務に常時従事する労働者に係る特定化学物質健康診断個人票を保存すべき期間は30年である。

スポンサーリンク

Home > 関係法令(有害業務) > H29後期-問3

Page Top

© 2011-2019 過去問.com