Home > 労働衛生(有害業務以外) > H29前期-問29

H29前期-問29

厚生労働省の「労働者の心の健康の保持増進のための指針」において、心の健康づくり計画の実施に当たって推進すべきこととされている四つのメンタルヘルスケアに該当しないものは、次のうちどれか。

1:労働者自身がストレスや心の健康について理解し、自らのストレスの予防や対処を行うセルフケア

2:職場の同僚がメンタルヘルス不調の労働者の早期発見、相談への対応を行うとともに管理監督者に情報提供を行う同僚によるケア

3:管理監督者が、職場環境等の改善や労働者からの相談への対応を行うラインによるケア

4:産業医、衛生管理者等が、心の健康づくり対策の提言や推進を行うとともに、労働者及び管理監督者に対する支援を行う事業場内産業保健スタッフ等によるケア

5:メンタルヘルスケアに関する専門的な知識を有する事業場外の機関及び専門家を活用し支援を受ける事業場外資源によるケア

答:2

1:正しい。労働者自身がストレスや心の健康について理解し、自らのストレスの予防や対処を行うセルフケアは、4つのメンタルヘルスケアに該当する。

2:誤り。職場の同僚がメンタルヘルス不調の労働者の早期発見、相談への対応を行うとともに管理監督者に情報提供を行う同僚によるケアは、4つのメンタルヘルスケアに該当しない。

3:正しい。管理監督者が、職場環境等の改善や労働者からの相談への対応を行うラインによるケアは、4つのメンタルヘルスケアに該当する。

4:正しい。産業医、衛生管理者等が、心の健康づくり対策の提言や推進を行うとともに、労働者及び管理監督者に対する支援を行う事業場内産業保健スタッフ等によるケアは、4つのメンタルヘルスケアに該当する。

5:正しい。メンタルヘルスケアに関する専門的な知識を有する事業場外の機関及び専門家を活用し支援を受ける事業場外資源によるケアは、4つのメンタルヘルスケアに該当する。

スポンサーリンク

Home > 労働衛生(有害業務以外) > H29前期-問29

Page Top

© 2011-2019 過去問.com