Home > 労働衛生(有害業務) > H23後期-問19

H23後期-問19

局所排気装置に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1:ダクトの断面の形状には円形、角形などがあるが、その断面積を大きくするほどダクトによる圧力損失が増大する。

2:フード開口部の周囲にフランジを設けると、吸引範囲は広くなるが、所要の効果を得るために必要な排風量は増加する。

3:グローブボックス型フードは、発生源からの飛散速度を利用して有害物を捕捉するもので、外付け式フードに分類される。

4:レシーバー式フードは、有害物の飛散方向にフードを置いて飛来する有害物を捕捉するもので、キャノピー型やカバー型(グラインダー型)がある。

5:空気清浄装置を付設する局所排気装置では、排風機は、フードに接続した吸引ダクトと空気清浄装置の間に設ける。

答:4

1:誤り。ダクトの断面の形状には円形、角形などがあるが、その断面積を小さくするほどダクトによる圧力損失が増大する。

2:誤り。フード開口部の周囲にフランジを設けると、吸引範囲は狭くなるが、所要の効果を得るために必要な排風量は減少する。

3:誤り。グローブボックス型フードは、発生源の周囲を取り囲むもので、すき間、観察口、小作業孔が吸気口となり、最も大きなフード効果が得られ、囲い式フードに分類される。

4:正しい。レシーバー式フードは、有害物の飛散方向にフードを置いて飛来する有害物を捕捉するもので、キャノピー型やカバー型(グラインダー型)がある。

5:誤り。空気清浄装置を付設する局所排気装置では、排風機は、清浄した後の空気が通る位置に設置する。

スポンサーリンク

Home > 労働衛生(有害業務) > H23後期-問19

Page Top

© 2011-2018 過去問.com