Home > 関係法令(有害業務) > H21前期-問2

H21前期-問2

法令に基づき定期に行う作業環境測定と測定頻度との組合せとして、誤っているものは次のうちどれか。

1:型ばらし装置を用いて砂型をこわす作業を常時行う屋内作業場における空気中の粉じんの濃度の測定-----1年以内ごとに1回

2:非密封の放射性物質を取り扱う作業室における空気中の放射性物質の濃度の測定-----1月以内ごとに1回

3:チッパーによりチップする業務を行い著しい騒音を発する屋内作業場における等価騒音レベルの測定-----6月以内ごとに1回

4:特定化学物質のうち第一類物質を取り扱う屋内作業場における空気中の第一類物質の濃度の測定-----6月以内ごとに1回

5:鉛ライニングの業務を行う屋内作業場における空気中の鉛の濃度の測定-----1年以内ごとに1回

答:1

1:誤り。型ばらし装置を用いて砂型をこわす作業を常時行う屋内作業場における空気中の粉じんの濃度の測定は、6月以内ごとに1回行わなければならない。

2:正しい。非密封の放射性物質を取り扱う作業室における空気中の放射性物質の濃度の測定は、1月以内ごとに1回行わなければならない。

3:正しい。チッパーによりチップする業務を行い著しい騒音を発する屋内作業場における等価騒音レベルの測定は、6月以内ごとに1回行わなければならない。

4:正しい。特定化学物質のうち第一類物質を取り扱う屋内作業場における空気中の第一類物質の濃度の測定は、6月以内ごとに1回行わなければならない。

5:正しい。鉛ライニングの業務を行う屋内作業場における空気中の鉛の濃度の測定は、1年以内ごとに1回行わなければならない。

Home > 関係法令(有害業務) > H21前期-問2

Page Top

© 2011-2018 過去問.com