Home > 労働生理 > H17前期-問43

H17前期-問43

疲労に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:職場における疲労の予防のためには、作業を分析して、その原因に応じた対策が必要である。

2:精神的疲労については、適度に身体を動かす方が、単に休息するより疲労の回復に役立つ場合が多い。

3:疲労には、心身の過度の働きを制限し、活動を止めて休息をとらせようとする役割がある。

4:疲労の他覚的症状を捉えるには、ハイムリック法などが用いられる。

5:疲労の自覚症状を客観的に捉えるには、調査表を用いるとよい。

答:4

1:正しい。職場における疲労の予防のためには、作業を分析して、その原因に応じた対策が必要である。

2:正しい。精神的疲労については、適度に身体を動かす方が、単に休息するより疲労の回復に役立つ場合が多い。

3:正しい。疲労には、心身の過度の働きを制限し、活動を止めて休息をとらせようとする役割がある。

4:誤り。疲労の他覚的症状を捉えるには、フリッカー検査、2点弁別閾検査などが用いられる。

5:正しい。疲労の自覚症状を客観的に捉えるには、調査表を用いるとよい。

Home > 労働生理 > H17前期-問43

Page Top

© 2011-2018 過去問.com