Home > ボイラーの取扱い(A11~A20) > R3前期-A-問12

R3前期-A-問12

ボイラーの送気開始時及び運転中の取扱いに関し、次のうち適切でないものはどれか。

1:送気開始時は、ウォータハンマを起こさないようにドレンを切り、暖管を十分に行った後、主蒸気弁を段階的に少しずつ開き、全開状態にしてから必ず少し戻して送気する。

2:運転中は、2個の水面計の水位を対比し、差異を認めたときは、水面計の機能試験を行う。

3:運転中は、ボイラーの水位をできるだけ一定に保つように努め、どうしても水位が低下する場合は、燃焼を抑えて原因を調べる。

4:運転中は、給水ポンプ出口側の圧力計により給水圧力を監視し、ボイラーの圧力との差が増加気味のときには、給水管路が詰まっていないか調べる。

5:送気開始時は、ボイラーの圧力が上昇するので、圧力計を見ながら燃焼量を調節する。

答:5

1:正しい。送気開始時は、ウォータハンマを起こさないようにドレンを切り、暖管を十分に行った後、主蒸気弁を段階的に少しずつ開き、全開状態にしてから必ず少し戻して送気する。

2:正しい。運転中は、2個の水面計の水位を対比し、差異を認めたときは、水面計の機能試験を行う。

3:正しい。運転中は、ボイラーの水位をできるだけ一定に保つように努め、どうしても水位が低下する場合は、燃焼を抑えて原因を調べる。

4:正しい。運転中は、給水ポンプ出口側の圧力計により給水圧力を監視し、ボイラーの圧力との差が増加気味のときには、給水管路が詰まっていないか調べる。

5:誤り。送気開始時は、ボイラーの圧力が降下するので、圧力計を見ながら燃焼量を調節する。

スポンサーリンク

Home > ボイラーの取扱い(A11~A20) > R3前期-A-問12

Page Top

© 2011-2022 過去問.com