Home > 関係法令(B11~B20) > H28後期-B-問20

H28後期-B-問20

鋳鉄製ボイラー(小型ボイラーを除く。)に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:蒸気ボイラーには、スケールその他の沈殿物を排出することができる吹出し管であって、吹出し弁又は吹出しコックを取り付けたものを備えなければならない。

2:温水ボイラーで圧力が0.3MPaを超えるものには、温水温度が120℃を超えないように温水温度自動制御装置を設けなければならない。

3:温水ボイラーには、逃がし管を備えたものを除き、ボイラー本体又は温水の出口付近に水高計又は圧力計を取り付けなければならない。

4:給水が、水道その他圧力を有する水源から供給される場合には、給水管を返り管に取り付けなければならない。

5:暖房用温水ボイラーには、原則として逃がし弁を備えなければならないが、内部の圧力を最高使用圧カ以下に保持することができる開放型膨張タンクに通ずる逃がし管を備えたものでは、備えなくてもよい。

答:3

1:正しい。蒸気ボイラーには、スケールその他の沈殿物を排出することができる吹出し管であって、吹出し弁又は吹出しコックを取り付けたものを備えなければならない。

2:正しい。温水ボイラーで圧力が0.3MPaを超えるものには、温水温度が120℃を超えないように温水温度自動制御装置を設けなければならない。

3:誤り。温水ボイラーには、ボイラー本体又は温水の出口付近に水高計又は圧力計を取り付けなければならない。

4:正しい。給水が、水道その他圧力を有する水源から供給される場合には、給水管を返り管に取り付けなければならない。

5:正しい。暖房用温水ボイラーには、原則として逃がし弁を備えなければならないが、内部の圧力を最高使用圧カ以下に保持することができる開放型膨張タンクに通ずる逃がし管を備えたものでは、備えなくてもよい。

スポンサーリンク

Home > 関係法令(B11~B20) > H28後期-B-問20

Page Top

© 2011-2018 過去問.com