Home > 燃料及び燃焼(B1~B10) > H21後期-B-問7

H21後期-B-問7

ガスバーナに関し、次のうち正しいものはどれか。

1:ガスバーナには、拡散形と予混合形ガスバーナがあるが、中・小容量ボイラーでは予混合形ガスバーナが主バーナとして使用されることが多い。

2:予混合形パイロットバーナは、混合ガスの流速が速くなると、リテンションリングを設けているため吹き消えることがある。

3:拡散形バーナは、ガスと空気を別々に噴出し拡散混合しながら燃焼させるバーナで、逆火の危険性は少ないが燃焼量の調節範囲は狭い。

4:センタータイプガスバーナは、バーナ管の先端がリング状で複数個のガス噴射口があり、油燃料との混焼用バーナとして用いられる。

5:ガンタイプガスバーナの多くは、バーナ、ファン、点火装置、燃焼安全装置、負荷制御装置などを一体として設計・製作され、中・小容量ボイラー用バーナとして用いられる。

答:5

1:誤り。ガスバーナには、拡散形と予混合形ガスバーナがあるが、予混合形ガスバーナは点火用バーナとして使用されることが多い。

2:誤り。予混合形パイロットバーナは、混合ガスの流速が速くなっても、リテンションリングを設けているため吹き消えない。

3:誤り。拡散形バーナは、ガスと空気を別々に噴出し拡散混合しながら燃焼させるバーナで、逆火の危険性は少なく燃焼量の調節範囲が広い。

4:誤り。リングタイプガスバーナは、バーナ管の先端がリング状で複数個のガス噴射口があり、油燃料との混焼用バーナとして用いられる。

5:正しい。ガンタイプガスバーナの多くは、バーナ、ファン、点火装置、燃焼安全装置、負荷制御装置などを一体として設計・製作され、中・小容量ボイラー用バーナとして用いられる。

スポンサーリンク

Home > 燃料及び燃焼(B1~B10) > H21後期-B-問7

Page Top

© 2011-2019 過去問.com