Home > 燃料及び燃焼(B1~B10) > H21後期-B-問1

H21後期-B-問1

燃料及び燃焼に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:液体燃料及び固体燃料はその組成を示すのに元素分析、気体燃料には成分分析が用いられる。

2:液体燃料に小火炎を近づけたとき、瞬間的に光を放って燃え始める最低の温度を発火温度という。

3:燃料を空気中で加熱し、他から点火しないのに自然に燃え始める最低の温度を着火温度という。

4:燃料の燃焼後、廃ガス中の生成されるH2Oが液体の場合には、気体の場合より蒸発潜熱分だけ多くの熱量が外部に放出され、この蒸発潜熱を含めた発熱量を高発熱量という。

5:発熱量は、固体燃料及び液体燃料については断熱熱量計を用い、気体燃料についてはユンカース式熱量計を用いて測定するが、いずれの場合も測定値は高発熱量である。

答:2

1:正しい。液体燃料及び固体燃料はその組成を示すのに元素分析、気体燃料には成分分析が用いられる。

2:誤り。液体燃料に小火炎を近づけたとき、瞬間的に光を放って燃え始める最低の温度を引火点という。

3:正しい。燃料を空気中で加熱し、他から点火しないのに自然に燃え始める最低の温度を着火温度という。

4:正しい。燃料の燃焼後、廃ガス中の生成されるH2Oが液体の場合には、気体の場合より蒸発潜熱分だけ多くの熱量が外部に放出され、この蒸発潜熱を含めた発熱量を高発熱量という。

5:正しい。発熱量は、固体燃料及び液体燃料については断熱熱量計を用い、気体燃料についてはユンカース式熱量計を用いて測定するが、いずれの場合も測定値は高発熱量である。

スポンサーリンク

Home > 燃料及び燃焼(B1~B10) > H21後期-B-問1

Page Top

© 2011-2019 過去問.com