Home > 構造・機能・整備 > 予想問題2-30

予想問題2-30

消火器に表示しなければならない項目として、定められていないものはどれか。

1:能力単位の数値

2:放射時間

3:製造番号

4:販売店名

答:4

消火器に表示することが定められている項目は以下のとおりである

・水消火器、酸アルカリ消火器、強化液消火器、泡消火器、ハロゲン化物消火器、二酸化炭素消火器又は粉末消火器の区別
・住宅用消火器でない旨
・加圧式の消火器又は蓄圧式の消火器の区別
・使用方法
・使用温度範囲
・B火災又は電気火災に使用してはならない消火器にあっては、その旨
・A火災又はB火災に対する能力単位の数値
・放射時間
・放射距離
・製造番号
・製造年
・製造者名
・型式番号(自動車用消火器を除く。)
・試験に用いた圧力値
・安全弁の作動圧力値
・充てんされた消火剤の容量又は質量
・総質量(充てんされた消火剤を容量で表わすものを除く。)
・ホースの有効長(据置式の消火器に限る。)
・取扱い上の注意事項として次に掲げる事項
  加圧用ガス容器に関する事項(加圧式の消火器に限る。)
  指示圧力計に関する事項(蓄圧式の消火器に限る。)
  標準的な使用条件の下で使用した場合に安全上支障がなく使用することができる標準的な期間又は期限として設計上設定される期間又は期限
  使用時の安全な取扱いに関する事項
  維持管理上の適切な設置場所に関する事項
  点検に関する事項
  廃棄時の連絡先及び安全な取扱いに関する事項
  その他取扱い上注意すべき事項

スポンサーリンク

Home > 構造・機能・整備 > 予想問題2-30

Page Top

© 2011-2018 過去問.com