Home > 構造・機能・整備 > 予想問題2-20

予想問題2-20

二酸化炭素消火器を使用する際の注意事項として、誤っているものはどれか。

1:放射は風上から行い、使用後はすみやかに換気をする。

2:放射した際の有効距離は短く、火災に近付けない場合に十分な効果を発揮できないことがある。

3:主な消火作用は冷却作用であり、使用時には凍傷に注意する。

4:再燃の危険があるため、使用後は完全に消火したかを充分に確認する。

答:3

1:正しい。放射は風上から行い、使用後はすみやかに換気をする。

2:正しい。放射した際の有効距離は短く、火災に近付けない場合に十分な効果を発揮できないことがある。

3:誤り。主な消火作用は窒息作用であり、使用時には酸素欠乏に注意する。※ホーン握りは凍傷を防ぐために装着されている。

4:正しい。再燃の危険があるため、使用後は完全に消火したかを充分に確認する。

スポンサーリンク

Home > 構造・機能・整備 > 予想問題2-20

Page Top

© 2011-2018 過去問.com