Home > 第8回予想問題と解答・解説 > 基礎物理・基礎科学

スポンサーリンク

基礎物理・基礎科学

予想問題8-16

熱に関する説明について、誤っているものはどれか。

1:単位質量の物体の温度を1℃だけ高めるのに要する熱量を、その物体の比熱という。

2:比熱の大きい物体は、比熱の小さい物体よりも温まりやすく冷えやすい。

3:金属は、非金属よりも熱伝導率が大きい。

4:1気圧において1gの水を温度1K(1℃)高めるのに要する熱量は、4.186Jである。

5:水が沸騰を開始してから蒸気になるまでは、水の温度は一定である。

解答と解説

予想問題8-17

液温が0℃のガソリン1,000Lを徐々に温めていったら1,020Lになった。このときの液温に最も近いものはどれか。ただし、ガソリンの体膨張率を1.35×10-3K-1とし、ガソリンの蒸発は考えないものとする。

1:5℃

2:10℃

3:15℃

4:20℃

5:25℃

解答と解説

予想問題8-18

物質の摩擦時における静電気発生の防止および抑制は、材料の特性・性能および工程上の制約等から現実的には困難な場合が多いが、一般的な対策として、次のA~Dのうち、正しいものの組合せはどれか。

A 接触圧力を低くする。

B 接触面積を大きくする。

C 接触する回数を減らす。

D 接触状態にあるものを急激にはがす。

1:AとB

2:BとC

3:CとD

4:AとC

5:BとD

解答と解説

予想問題8-19

有機化合物に関する説明として、正しいものはどれか。

1:無機化合物に比べて、一般に融点が高い。

2:無機化合物に比べて、種類は少ない。

3:完全燃焼すると、二酸化炭素と水蒸気を発生するものが多い。

4:ほとんどのものは、水によく溶ける。

5:第4類の危険物には、有機化合物に該当するものがない。

解答と解説

予想問題8-20

次の金属のうち、塩酸に溶けないものはどれか。

1:鉄

2:マグネシウム

3:亜鉛

4:銅

5:アルミニウム

解答と解説

予想問題8-21

燃焼に関する説明として、正しいものはどれか。

1:ガソリンのように、発生した蒸気がその液面上で燃焼することを、表面燃焼という。

2:セルロイドのように、分子内に含有する酸素によって燃焼することを蒸発燃焼という。

3:水素のように、気体がそのまま燃焼することを内部(自己)燃焼という。

4:メタノールのように、発生した蒸気が燃焼すること蒸発燃焼という。

5:コークスのように、蒸発することなく固体が直接燃焼することを分解燃焼という。

解答と解説

予想問題8-22

酸と塩基の説明について、誤っているものはどれか。

1:酸とは、水に溶けて水素イオンH+を生じる物質、または他の物質に水素イオンH+を与えることができる物質をいう。

2:塩基とは、水に溶けて水酸化物イオンOH-を生じる物質、または他の物質から水素イオンH+を受け取ることのできる物質をいう。

3:酸は、赤色のリトマス紙を青色に変え、塩基は、青色のリトマス紙を赤色に変える。

4:酸性・塩基性の強弱は、水素イオン指数(pH)で表される。

5:中和とは、酸と塩基が反応し互いにその性質を打ち消しあうことをいう。

解答と解説

予想問題8-23

引火点の説明について、正しいものはどれか。

1:発火点と同じ意味である。

2:引火点は物質が異なっても同じである。

3:引火点が低いほど引火しやすい。

4:引火点が0℃以下の物質はない。

5:液体の温度が引火点以下でも燃焼に必要な濃度の蒸気は発生している。

解答と解説

予想問題8-24

自然発火に関する文の[  ]内のA~Eに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。

「自然発火とは、他から火源を与えないでも、物質が、空気中で室温(20℃)において自然に[ A ]し、その熱が長時間蓄積されて、ついに[ B ]に達し、燃焼を起こすに至る現象である。自然発火性を有する物質が、自然に[ A ]する原因として、[ C ]、[ D ]、吸着熱、重合熱、発酵熱などが考えられる。[ E ]の中には、不飽和性のために空気中の酸素と結合しやすく、放熱が不十分なとき温度が上がり、自然発火するものがある。」

1:A=発熱 B=発火点 C=分解熱 D=酸化熱 E=動植物油

2:A=酸化 B=発火点 C=燃焼熱 D=生成熱 E=セルロイド

3:A=発熱 B=引火点 C=分解熱 D=酸化熱 E=セルロイド

4:A=酸化 B=燃焼点 C=燃焼熱 D=生成熱 E=セルロイド

5:A=発熱 B=引火点 C=分解熱 D=酸化熱 E=動植物油

解答と解説

予想問題8-25

消火器と消火剤の説明として、誤っているのはどれか。

1:強化液消火剤には、再燃防止効果がある。

2:ハロゲン化物消火器の消火剤には、冷却効果がある。

3:粉末消火剤は、燃焼の化学的な抑制(負触媒)と窒息効果がある。

4:泡消火剤には、窒息効果がある。

5:粉末消火器は、消火剤の種類によって色が決まっている。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > 第8回予想問題と解答・解説 > 基礎物理・基礎科学

Page Top

© 2011-2017 過去問.com