Home > 第4回予想問題と解答・解説 > 基礎物理・基礎科学

スポンサーリンク

基礎物理・基礎科学

予想問題4-16

物質の物理的性質について、正しいものはどれか。

1:固体または液体は、1℃上がるごとに約273分の1ずつ体積を増す。

2:気体の膨張は、圧力に関係するが温度の変化には関係しない。

3:固体の体膨張率は、気体の体膨張率の3倍である。

4:液体の体膨張率は、気体の体膨張率よりはるかに大きい。

5:水の密度は、約4℃において最大となる。

解答と解説

予想問題4-17

比熱に関する説明として、正しいものはどれか。

1:比熱とは物質を固体から液体に融解させるための熱量である。

2:比熱とは物質1kgを1ケルビン上昇させるための熱量である。

3:どのような物質でも比熱は等しい。

4:比熱とは物質を液体から気体に蒸発させるための熱量である。

5:比熱の大きい物質は温まりにくく冷めにくい。

解答と解説

予想問題4-18

1,000Lのガソリンの温度を40℃上げたときに、何Lになるか。
ただし、体膨張率は1.35×10-3K-1とする。

1:1,000L

2:1,054L

3:1,135L

4:1,270L

5:1,350L

解答と解説

予想問題4-19

物理変化に区分されるものはどれか。

1:木炭が燃えると、二酸化炭素になる。

2:ニクロム線は電気を通じると赤熱する。

3:鉄を長い間放置しておくとさびる。

4:水を電気分解すると、水と酸素になる。

5:亜鉛に希硫酸を加えると、水素と硫酸亜鉛になる。

解答と解説

予想問題4-20

次の反応のうち、下線を引いた物質が還元されているものはどれか。

1:を空気中で熱したところ、黒く変色した。

2:木炭が燃焼して二酸化炭素になった。

3:エタノールが燃焼して二酸化炭素と水になった。

4:二酸化炭素が赤熱した炭素に触れて一酸化炭素になった。

5:黄リンが燃焼して五酸化リンになった。

解答と解説

予想問題4-21

有機化合物の説明について、正しいものはいくつあるか。

A 水に溶けにくいものが多い。

B 有機溶剤に溶けにくいものが多い。

C 一般に反応速度が小さい。

D 可燃性のものが多い。

1:すべて誤り

2:1つ

3:2つ

4:3つ

5:すべて正しい

解答と解説

予想問題4-22

燃焼の形式として、次の文に該当するものはどれか。

「可燃性ガスと空気あるいは酸素とが、燃焼開始に先立ってあらかじめ混ざりあって燃焼することをいう。」

1:表面燃焼

2:予混合燃焼

3:分解燃焼

4:拡散燃焼

5:蒸発燃焼

解答と解説

予想問題4-23

発火点について、正しいものはどれか。

1:発火点に達すれば、酸素がなくても発火する。

2:一般的に、同じ物質なら発火点は引火点よりも低い。

3:ガソリンの発火点は約200℃である。

4:可燃性液体の液面から、引火できる濃度の蒸気を発生するのが発火点である。

5:発火点に達すれば、熱源(火源)がなくても発火する。

解答と解説

予想問題4-24

消火に関する説明について、正しいものはどれか。

1:液体の蒸気に引火して燃焼しているときは、液体の温度を下げても燃焼は停止しない。

2:空気中の酸素が一定濃度以下になり不足すると、燃焼は停止する。

3:酸素を含有する物質の燃焼でも、窒息消火が有効である。

4:除去消火とは、酸素を除去することで消火する。

5:燃焼物を物体で覆っても消火効果はない。

解答と解説

予想問題4-25

次のA~Dに示す電池について、起電力の大きい順に並べたものはどれか。

A ニッケル・水素蓄電池

B 鉛蓄電池

C リチウムイオン蓄電池

D アルカリマンガン乾電池

1:B>C>A>D

2:B>D>A>C

3:C>A>D>B

4:C>B>D>A

5:D>A>C>B

解答と解説

スポンサーリンク

Home > 第4回予想問題と解答・解説 > 基礎物理・基礎科学

Page Top

© 2011-2017 過去問.com