Home > 第3回予想問題と解答・解説 > 危険物の性質・火災

スポンサーリンク

危険物の性質・火災

予想問題3-26

危険物の判定試験における危険物とその危険性の組み合わせについて、誤っているものはどれか。

1:第1類-----酸化力の潜在的な危険性、衝撃に対する敏感性

2:第2類-----火災による着火の危険性、引火の危険性

3:第3類-----空気中での発火の危険性、水と接触して発火または可燃性ガスを発生する危険性

4:第5類-----引火の危険性

5:第6類-----酸化力の潜在的な危険性

解答と解説

予想問題3-27

第4類の危険物の取り扱いについて、正しいものはどれか。

1:換気のため、室内の高所に吸気口、低所に排気口を設けた。

2:空の容器を集めて焼却した。

3:タンク内の液温が上がらないよう、冷却のための装置を設けた。

4:容器のふたを外して保管した。

5:容器に通気させるための穴をあけた。

解答と解説

予想問題3-28

次の危険物のうち、発火点の最も低いものはどれか。

1:二硫化炭素

2:ジエチルエーテル

3:軽油

4:ガソリン

5:トルエン

解答と解説

予想問題3-29

自動車ガソリンの一般的性質について、誤っているものはどれか。

1:オレンジ系の色に着色されている。

2:引火点は-40℃以下である。

3:燃焼範囲は、2.5~12.8vol%である。

4:流動により帯電しやすい。

5:蒸気は空気よりも重い。

解答と解説

予想問題3-30

アルコール類の共通する性質について、正しいものはどれか。

1:引火点は25℃以下である。

2:無色透明のものは少ない。

3:比重は水より重い。

4:蒸気比重は空気より軽い。

5:指定数量は200Lである。

解答と解説

予想問題3-31

キシレンの性状について、誤っているものはどれか。

1:無色の液体である。

2:特有の臭気がある。

3:蒸気は空気より軽い。

4:3つの異性体が存在する。

5:二硫化炭素によく溶ける。

解答と解説

予想問題3-32

重油の一般的な性質等について、誤っているものはどれか。

1:発火点は、100℃より高い。

2:3種(C重油)の引火点は、70℃以上である。

3:水に溶けない。

4:水より重い。

5:日本工業規格では、1種(A重油)、2種(B重油)および3種(C重油)に分類されている。

解答と解説

予想問題3-33

第4石油類について、正しいものはどれか。

1:揮発性が高いので蒸気が引火しやすい。

2:主に燃料として使用されている。

3:粘度が高いが水に溶ける。

4:第3石油類より引火点が低い。

5:窒息効果のある消火方法が有効である。

解答と解説

予想問題3-34

動植物油類の性質について、正しいものはどれか。

1:水に溶けず、水よりやや重い。

2:乾きにくい油ほど自然発火の危険性が高い。

3:アマニ油とイワシ油は、不乾性油である。

4:ヤシ油とヒマシ油は、半乾性油である。

5:指定数量は10,000Lである。

解答と解説

予想問題3-35

第4類の危険物と適応消火剤等との組合せとして、正しいものはどれか。

1:水溶性液体用泡消火剤が適するもの-----アセトン、エチルメチルケトン

2:水による冷却が適するもの-----ガソリン、アセトン

3:二酸化炭素では効果がないもの-----ジエチルエーテル、ピリジン

4:棒状の水で消火できるもの-----ベンゼン、ジェット燃料油

5:霧状の強化液では効果がないもの-----アセトアルデヒド、エタノール

解答と解説

スポンサーリンク

Home > 第3回予想問題と解答・解説 > 危険物の性質・火災

Page Top

© 2011-2017 過去問.com