Home > 第27回試験問題と解答・解説 > こころとからだのしくみ

スポンサーリンク

こころとからだのしくみ

第27回-問題97

記憶に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1:短期記憶では、膨大な情報の貯蔵が可能である。

2:記憶には、記銘と保持と想起の3つの過程がある。

3:手続き記憶とは、自分に起こった出来事に関する記憶である。

4:エピソード記憶とは、一般的な知識についての記憶である。

5:記憶の処理は、中脳で行われる。

解答と解説

第27回-問題98

関節運動とその主動作筋(主として働く筋肉)の組合わせとして、正しいものを1つ選びなさい。

1:肩関節外転-----上腕二頭筋

2:手関節屈曲-----上腕三頭筋

3:股関節屈曲-----腸腰筋

4:股関節伸展-----腹直筋

5:足関節伸展-----下腿三頭筋

解答と解説

第27回-問題99

糖尿病(diabetesmellitus)のある人の身支度の介護で、異変の有無について特に観察すべき部位として、適切なものを1つ選びなさい。

1:毛髪

2:耳介

3:鼻腔

4:手指

5:足趾(指)

解答と解説

第27回-問題100

廃用症候群(disusesyndrome)として、正しいものを1つ選びなさい。

1:筋肥大

2:高血圧

3:頻脈

4:褥瘡

5:躁病(mania)

解答と解説

第27回-問題101

誤嚥を防止している部位として、正しいものを1つ選びなさい。

1:甲状軟骨

2:口蓋垂

3:喉頭蓋

4:口蓋扁桃

5:食道

解答と解説

第27回-問題102

食事のたんぱく質制限が必要な疾患として、正しいものを1つ選びなさい。

1:胃潰瘍(gastric ulcer)

2:尿毒症(uremia)

3:痛風(gout)

4:脂質異常症(dyslipidemia)

5:狭心症(angina pectoris)

解答と解説

第27回-問題103

入浴による静水圧の直接的な作用として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1:毛細血管の拡張

2:関節への負担の軽減

3:下肢のむくみの軽減

4:体重による負担の軽減

5:老廃物の排泄の促進

解答と解説

第27回-問題104

弛緩性便秘の原因として、正しいものを1つ選びなさい。

1:大腸の蠕動運動の低下

2:過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome)

3:自律神経の失調

4:排便反射の低下

5:大腸がん(colorectal cancer)

解答と解説

第27回-問題105

多尿の原因として、正しいものを1つ選びなさい。

1:脱水

2:副交感神経優位

3:前立腺肥大症(prostatic hypertrophy)

4:ビタミンC(vitamin C)の過剰摂取

5:糖尿病(diabetes mellitus)

解答と解説

第27回-問題106

睡眠に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1:ヒトは下垂体に体内時計がある。

2:抗ヒスタミン薬は覚醒作用がある。

3:睡眠は深さよりも長さが重要となる。

4:レム睡眠は30分ごとに繰り返し出現する。

5:最も深い眠りの段階はノンレム睡眠である。

解答と解説

第27回-問題107

睡眠障害に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1:入眠障害とは、眠りが浅く途中で何度も目が覚めることである。

2:レストレスレッグス症候群(restless legs syndrome)は、早朝覚醒の原因となる。

3:睡眠が不足すると、副交感神経が活発になる。

4:肥満は、睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome)の原因となる。

5:周期性四肢運動障害は、睡眠中に大声の寝言や激しい動作を伴う。

解答と解説

第27回-問題108

Fさん(72歳、男性)は数か月前から食欲不振があり、体重も減少した。市内の総合病院を受診したところ、末期の胃がん(gastric cancer)と診断され、緩和医療を受けることを勧められた。
Fさんの今の心情を、キューブラー・ロス(Kubler-Ross,E.)の提唱した心理過程の第1段階に当てはめた表現として、適切なものを1つ選びなさい。

1:「病気を治すためなら、財産を全部使ってもいい」

2:「なぜ私だけが病気になって、死ななければならないのか」

3:「診断は何かの間違いで、とても信じられない」

4:「死は誰にでも訪れる自然なことだから、受け入れよう」

5:「末期がんなら、何をしてもどうせ無駄だ」

解答と解説

スポンサーリンク

Home > 第27回試験問題と解答・解説 > こころとからだのしくみ

Page Top

© 2011-2017 過去問.com