Home > コミュニケーション技術 > 第27回-問題34

第27回-問題34

介護福祉職が利用者とコミュニケーションを図るときの基本として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1:緊張感が伝わるように、背すじを伸ばして接する。

2:愛称で呼んで心理的距離を近づける。

3:自分の意見と違っても賛同する。

4:利用者の言葉に感情的に反応する。

5:利用者の主観的な訴えに耳を傾ける。

答:5

1:誤り。緊張感が伝わらないように適度にリラックスした態度で接し、利用者に安心感を与えることが大切である。

2:誤り。愛称で呼ぶことで、利用者の尊厳を傷つけてしまうおそれがある。

3:誤り。利用者の意見は尊重すべきであるが、自分の意見を述べて話し合うことが大切である。

4:誤り。利用者の言葉に感情的に反応してはならず、専門職として冷静で的確な判断を行うことが大切である。

5:正しい。利用者の主観的な訴えに耳を傾けることが、介護福祉職にとってとても大切なことである。

スポンサーリンク

Home > コミュニケーション技術 > 第27回-問題34

Page Top

© 2011-2018 過去問.com