Home > コミュニケーション技術 > 第27回-問題33

第27回-問題33

バイステック(Biestek,F.)の7原則を介護場面に適用したときの記述として、適切なものを1つ選びなさい。

1:「個別化」とは、利用者に具体的な指示を出すことである。

2:「意図的な感情表出」とは、介護福祉職の感情表出を大切にすることである。

3:「統制された情緒的関与」とは、利用者の感情をコントロールしてかかわることである。

4:「受容」とは、利用者の同意を得ることである。

5:「非審判的態度」とは、介護福祉職の価値観で評価せずに利用者にかかわることである。

答:5

1:誤り。「個別化」とは、利用者一人ひとりを、尊重すべき個人としてとらえることである。

2:誤り。「意図的な感情表出」とは、利用者の感情表出を大切にすることである。

3:誤り。「統制された情緒的関与」とは、介護福祉職が自分自身の感情をコントロールしてかかわることである。

4:誤り。「受容」とは、利用者の人間性や感情表現、発言内容を尊重して受け止めることである。

5:正しい。「非審判的態度」とは、介護福祉職の価値観で評価せずに利用者にかかわることである。

スポンサーリンク

Home > コミュニケーション技術 > 第27回-問題33

Page Top

© 2011-2018 過去問.com