Home > 第25回試験問題と解答・解説 > 介護過程

スポンサーリンク

介護過程

第25回-問題61

介護過程の展開に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1:介護計画を立ててから、利用者にどのような生活を送りたいのかを聞く。

2:介護職は利用者の健康状態を把握しなくてよい。

3:利用者の「やりたいこと」や「できること」を含めて、アセスメント(assessment)する。

4:他の利用者とのトラブルが予測される場合には、利用者本人の「やりたいこと」は支援内容から外す。

5:利用者が満足していれば、計画の評価は行わなくてよい。

解答と解説

第25回-問題62

食事の摂取量が急に減少した利用者のアセスメント(assessment)に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1:栄養状態が悪くなるので、食事を残さず食べることが必要である。

2:食べないと免疫力が低下する恐れがあることを、説明する必要がある。

3:経管栄養を行うことを、医療者と検討する必要がある。

4:最近の言動の変化について、観察する必要がある。

5:自然に摂取量が増えるのを見守る必要がある。

解答と解説

第25回-問題63

夜間はおむつに排泄していた利用者が、ポータブルトイレで排泄することを目指して、介護計画を立案した。介護目標の記述として、適切なものを1つ選びなさい。

1:夜間はポータブルトイレで排泄できる。

2:夜間はポータブルトイレで排泄するように、理解させる。

3:夜間はポータブルトイレをベッドサイドに置く。

4:夜間はポータブルトイレでの排泄の介護をする。

5:夜間はおむつで排泄させない。

解答と解説

第25回-問題64

モニタリング(monitoring)の内容として、適切なものを1つ選びなさい。

1:計画どおりに実施できているかどうかを点検する。

2:利用者が主体的に取り組める目標を設定する。

3:実施する介護について、利用者や家族に説明する。

4:利用者の「できること」の情報を収集する。

5:目標が達成された後に、介護過程を終結させる。

解答と解説

第25回-問題65

評価に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1:利用者本人には、評価を伝えない。

2:利用者の反応の評価はしない。

3:計画を立てたが実施しなかったものは、評価はしない。

4:目標が達成されれば、評価はしない。

5:他の利用者の目標達成度と比較した評価はしない。

解答と解説

第25回-問題66

Nさん(80歳、男性)は、3か月前に肺炎(pneumonia)で2週間入院をし、杖歩行となった。Nさんは、自宅で一人暮らしをしているが、週2回の訪問介護(ホームヘルプサービス)を受けることになった。訪問介護員(ホームヘルパー)が訪問すると、部屋の中は衣服やごみなどが散乱しているが、「面倒だ」と言って片付けようとしない。
Nさんの自宅のようすを観察したときの、客観的情報の記録として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1:部屋は衣服やごみが散乱していて汚い。

2:部屋は衣服やごみが散乱しているが、片づけようとしない。

3:部屋は衣服やごみが散乱していて、転倒の可能性がある。

4:片づけることが嫌いなので、部屋は衣服やごみが散乱している。

5:部屋は衣服やごみが散乱していて、生活しづらそうである。

解答と解説

第25回-問題67

Sさん(87歳、男性)は、介護老人福祉施設に入所している。下肢筋力の低下によって、歩行時につまずいたり、ふらついたりするようすが見られる。Sさんは「できるだけ歩いて生活し続けたい」と望んでいて、この希望に基づいて長期目標が設定された。また、短期目標は「転倒しない」と設定された。
この長期目標・短期目標に応じた支援内容・方法として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1:居室の床にセンサーマットを敷く。

2:職員と施設内を散歩する。

3:車いすを使用する。

4:歩行時にはスリッパを履く。

5:日中は居室で過ごす。

解答と解説

第25回-問題68

チームアプローチ(team approach)に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1:他のチームメンバーの役割は、知らなくてよい。

2:医療職は、チームアプローチ(team approach)を主導する。

3:チームメンバーの人数は、決まっている。

4:利用者は、チームアプローチ(team approach)の中心である。

5:ボランティアは、チームメンバーにはなれない。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > 第25回試験問題と解答・解説 > 介護過程

Page Top

© 2011-2017 過去問.com