Home > 第25回試験問題と解答・解説 > コミュニケーション技術

スポンサーリンク

コミュニケーション技術

第25回-問題33

介護職と利用者の家族との関係づくりに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1:家族の個性や生き方に関係なく、同じ対応をすることが大事である。

2:家族間の関係性を把握する必要はない。

3:家族と利用者の希望は同じであると考えて対応するとよい。

4:介護職の身だしなみは、家族との関係に影響しない。

5:利用者とかかわる家族のようすで、家族を理解できたと思ってはいけない。

解答と解説

第25回-問題34

Gさん(83歳、要介護2)は、夫(85歳)と二人暮らしである。大腿骨頚部骨折(femoral neck fracture)で入院していたが、退院時、排泄はトイレで自立していた。退院後、訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用することになり、訪問介護員(ホームヘルパー)が初めて訪問すると、Gさんはおむつをして、ベッドで横になっていた。
訪問介護員(ホームヘルパー)が夫との関係づくりのために、最初に行う対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1:夫におむつ交換の方法を指導する。

2:夫の頑張りを認めながら、Gさんの状況を聴く。

3:リハビリテーションの導入を検討するように、伝える。

4:夫の介護では限界があることを自覚するように、促す。

5:このままでは寝たきりになるので、Gさんを起こすように話す。

解答と解説

第25回-問題35

家族が利用者本人の意向や状況を理解していないとき、両者の意向を調整するための、家族に対する介護職の言葉かけとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

1:「ご家族の価値観で判断してはいけません」

2:「ご本人の考えを優先して、ご家族も考え方を変えましょう」

3:「ご本人が何に関心があるのか、気持ちを聞いてみませんか」

4:「ご本人について理解が足りないから、もっと理解しましょう」

5:「私たちは、ご本人の権利を守る必要があるので、ご本人の意向を優先します」

解答と解説

第25回-問題36

認知症(dementia)の人とのコミュニケーションに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1:情報は簡潔に伝える。

2:横から話しかける。

3:わかりにくい言葉や行動を指摘し、修正させる。

4:説得するように話す。

5:非言語的コミュニケーションは避ける。

解答と解説

第25回-問題37

Hさん(70歳、女性)は、最近、抑うつ状態(depressive state)にある。
Hさんに、介護職が初めてかかわろうとするときの、きっかけづくりの言葉かけとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

1:「おちこんだらだめですよ」

2:「どうしてそんなに黙っているのですか」

3:「皆さんの所へおしゃべりに行きましょう」

4:「元気を出して。頑張ってください」

5:「今日は少し暖かくなりましたね」

解答と解説

第25回-問題38

統合失調症(schizophrenia)の人が、自分の妄想を話したときの介護職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1:利用者理解のために、妄想の内容を詳しく聞く。

2:妄想をなくすために、解決策について話し合う。

3:混乱させないために、妄想の話は聞かないようにする。

4:妄想の内容は理解できなくても、否定も肯定もせずにかかわる。

5:誇大妄想の内容は、事実ではないから気にしなくてよいと伝える。

解答と解説

第25回-問題39

ケアカンファレンス(care conference)に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1:議題は司会者が把握しておけばよい。

2:経験年数の長い職員の意見に従う。

3:自分の思いにこだわって発言する。

4:意見が分かれるときは、多数の意見を尊重する。

5:各職種の専門性を理解して参加する。

解答と解説

第25回-問題40

チーム内の連携に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1:リーダーは、指示を行うだけでなく、メンバーの経験などにより裁量を認める。

2:チームでは、記録や言葉に頼らずに、互いに理解できることを目指す。

3:会議で相手を非難することは、よりよい介護を目指すためには必要である。

4:利用者の個人情報の保護に留意する必要はない。

5:主要な専門用語の意味を共通認識しておく必要はない。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > 第25回試験問題と解答・解説 > コミュニケーション技術

Page Top

© 2011-2017 過去問.com