Home > 介護福祉士とは

スポンサーリンク

介護福祉士とは

介護福祉士

■社会福祉士及び介護福祉士法に基づく国家資格。
■介護福祉士は、専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行う。

介護福祉士国家試験

■試験は、筆記試験(5肢択一式)と実技試験によって行われる。
■試験を実施するのは財団法人社会福祉振興・試験センター。
■筆記試験は1月下旬、実技試験は3月上旬に実施される。
■筆記試験は、人間の尊厳と自立、人間関係とコミュニケーション、社会の理解、介護の基本、コミュニケーション技術、生活支援技術、介護過程、発達と老化の理解、認知症の理解、障害の理解、こころとからだのしくみ、総合問題の12科目で合計120問、210分間で行われる。
■実技試験は、筆記試験に合格した者のみ受けることができ、介護等に関する専門的技能について5分以内で行われる(介護技術講習または実務者研修を修了した場合は免除)。
■受験資格には、実務経験ルート、福祉系高校ルート、養成施設ルートの3種類あるが、受験年度によって要件が異なるため注意が必要である。

スポンサーリンク

Home > 介護福祉士とは

Page Top

© 2011-2017 過去問.com