Home > 問21~問40(総論) > 第18回-問題24

第18回-問題24

個人データの第三者への提供に関する以下のアからエまでの記述のうち、誤っているものを1つ選びなさい。

ア:個人情報取扱事業者は、原則として、あらかじめ本人の同意を得ないで個人データを第三者に提供してはならない。

イ:個人情報取扱事業者が個人データを第三者に提供する場合の「提供」とは、個人データを利用可能な状態に置くことをいい、個人データが、物理的に提供されていない場合であっても、ネットワーク等を利用することにより、個人データを利用できる状態にあればこれに当たる。

ウ:認定個人情報保護団体から、その対象事業者である個人情報取扱事業者が、個人情報保護法の規定に基づき資料提出を求められた場合に、これに応じて資料提出するときは、あらかじめ本人の同意を得る必要はない。

エ:個人情報取扱事業者が個人データの第三者への提供に当たって得るべき「本人の同意」については、口頭又は書面によることが必要であり、本人による「同意する」旨のタッチパネルによる入力によることは許されない。

答:エ

ア:正しい。個人情報取扱事業者は、原則として、あらかじめ本人の同意を得ないで個人データを第三者に提供してはならない。

イ:正しい。個人情報取扱事業者が個人データを第三者に提供する場合の「提供」とは、個人データを利用可能な状態に置くことをいい、個人データが、物理的に提供されていない場合であっても、ネットワーク等を利用することにより、個人データを利用できる状態にあればこれに当たる。

ウ:正しい。認定個人情報保護団体から、その対象事業者である個人情報取扱事業者が、個人情報保護法の規定に基づき資料提出を求められた場合に、これに応じて資料提出するときは、あらかじめ本人の同意を得る必要はない。

エ:誤り。個人情報取扱事業者が個人データの第三者への提供に当たって得るべき「本人の同意」については、口頭又は書面によることだけではなく、本人による「同意する」旨のタッチパネルによる入力によることも認められている。

スポンサーリンク

Home > 問21~問40(総論) > 第18回-問題24

Page Top

© 2011-2018 過去問.com