Home > 問1~問20(総論) > 第18回-問題18

第18回-問題18

以下のアからエまでのうち、個人情報の取得に際しての利用目的の通知・公表に関する【問題文A】及び【問題文B】の正誤の組合せとして正しいものを1つ選びなさい。

【問題文A】

個人情報取扱事業者が、店舗販売において個人情報を取得した場合で、取得に際して利用目的を公表するときは、自社の店舗内の見やすい場所へポスターを掲示する方法によることができる。

【問題文B】

個人情報取扱事業者が、電話によって個人情報を取得した場合であっても、取得に際して利用目的を本人に通知するときは、口頭の方法によることはできない。

ア:A=○ B=○

イ:A=○ B=×

ウ:A=× B=○

エ:A=× B=×

答:イ

【問題文A】正しい。
個人情報取扱事業者が、店舗販売において個人情報を取得した場合で、取得に際して利用目的を公表するときは、自社の店舗内の見やすい場所へポスターを掲示する方法によることができる。

【問題文B】誤り。
個人情報取扱事業者が、電話によって個人情報を取得した場合、取得に際して利用目的を本人に通知するときは、口頭の方法によることができる。


個人情報の保護に関する法律

(取得に際しての利用目的の通知等)
第十八条 個人情報取扱事業者は、個人情報を取得した場合は、あらかじめその利用目的を公表している場合を除き、速やかに、その利用目的を、本人に通知し、又は公表しなければならない。
2 個人情報取扱事業者は、前項の規定にかかわらず、本人との間で契約を締結することに伴って契約書その他の書面(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録を含む。以下この項において同じ。)に記載された当該本人の個人情報を取得する場合その他本人から直接書面に記載された当該本人の個人情報を取得する場合は、あらかじめ、本人に対し、その利用目的を明示しなければならない。ただし、人の生命、身体又は財産の保護のために緊急に必要がある場合は、この限りでない。
3 個人情報取扱事業者は、利用目的を変更した場合は、変更された利用目的について、本人に通知し、又は公表しなければならない。
4 前三項の規定は、次に掲げる場合については、適用しない。
一 利用目的を本人に通知し、又は公表することにより本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
二 利用目的を本人に通知し、又は公表することにより当該個人情報取扱事業者の権利又は正当な利益を害するおそれがある場合
三 国の機関又は地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的を本人に通知し、又は公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
四 取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合

スポンサーリンク

Home > 問1~問20(総論) > 第18回-問題18

Page Top

© 2011-2018 過去問.com