Home > 問81~問100(対策) > 第17回-問題95

第17回-問題95

以下の文章は、無線LANのセキュリティ対策に関する内容である。(  )に入る最も適切な用語の組合せを、ア~エで答えなさい。

WEPは、802.11シリーズで規格化されている暗号化方式の1つであり、無線LAN端末及び( a )側の両方に「WEPキー」を設定する必要がある。しかし、最近では解読ツールが出回っており、WPA以降の暗号化方式を利用することが推奨されている。WPAは、暗号鍵を一定時間ごとに自動的に更新する( b )による強力な暗号化をサポートした方式で、WEPよりも高いセキュリティを実現している。さらに、ユーザ認証の方式であるIEEE802.1xや新暗号方式のWPA2、それらを統合したセキュリティ機能の標準化である( c )が完了しており、これらの機能を実装した機器を選択すべきである。

ア:a=アクセスポイント b=SSID c=IEEE802.11n

イ:a=アクセスポイント b=TKIP c=IEEE802.11i

ウ:a=ホットスポット b=SSID c=IEEE802.11i

エ:a=ホットスポット b=TKIP c=IEEE802.11n

答:イ

WEPは、802.11シリーズで規格化されている暗号化方式の1つであり、無線LAN端末及び(アクセスポイント)側の両方に「WEPキー」を設定する必要がある。しかし、最近では解読ツールが出回っており、WPA以降の暗号化方式を利用することが推奨されている。WPAは、暗号鍵を一定時間ごとに自動的に更新する(TKIP)による強力な暗号化をサポートした方式で、WEPよりも高いセキュリティを実現している。さらに、ユーザ認証の方式であるIEEE802.1xや新暗号方式のWPA2、それらを統合したセキュリティ機能の標準化である(IEEE802.11i)が完了しており、これらの機能を実装した機器を選択すべきである。

スポンサーリンク

Home > 問81~問100(対策) > 第17回-問題95

Page Top

© 2011-2018 過去問.com