Home > 問61~問80(対策) > 第17回-問題68

第17回-問題68

以下の委託先の監督に関する文章を読み、誤っているものを1つ選びなさい。

ア:委託先に引き渡す個人情報の項目は、必要最低限にとどめ、責任の所在を明らかにするため、個人情報の受渡しの際には、個人情報資料受領書を交わして記録を残す必要がある。

イ:委託業務終了後においては、業務結果の問合せをする場合を考慮し、個人情報を委託先に一定期間保管する。また個人情報の返却の手間を省くため、廃棄は委託先に一任する必要がある。

ウ:やむを得ず、委託先に再委託を許可する場合でも、委託選定基準に則って再委託先を評価し、個人情報の安全管理に問題がある事業者に個人情報が預託されないようにする必要がある。

エ:委託先の個人情報安全管理に関する監査を定期的に実施し、問題があれば改善を促す必要がある。委託先の監査には、委託元または監査会社が立ち入り監査する方法と、委託先に監査結果を報告させる方法とがある。

答:イ

ア:正しい。委託先に引き渡す個人情報の項目は、必要最低限にとどめ、責任の所在を明らかにするため、個人情報の受渡しの際には、個人情報資料受領書を交わして記録を残す必要がある。

イ:誤り。委託業務終了後においては、個人情報は速やかに返却する必要がある。また個人情報の廃棄は委託先に一任してはならない。

ウ:正しい。やむを得ず、委託先に再委託を許可する場合でも、委託選定基準に則って再委託先を評価し、個人情報の安全管理に問題がある事業者に個人情報が預託されないようにする必要がある。

エ:正しい。委託先の個人情報安全管理に関する監査を定期的に実施し、問題があれば改善を促す必要がある。委託先の監査には、委託元または監査会社が立ち入り監査する方法と、委託先に監査結果を報告させる方法とがある。

スポンサーリンク

Home > 問61~問80(対策) > 第17回-問題68

Page Top

© 2011-2018 過去問.com