Home > 問41~問60(対策) > 第17回-問題56

第17回-問題56

以下の個人情報保護の推進体制に関する文章を読み、誤っているものを1つ選びなさい。

ア:個人情報保護管理者は、個人情報保護の推進者として、個人情報細方針及び個人情報管理規程の策定、運用、改善を実施する。個人情報保護対策の要であるため、役員が就任することが望ましい。

イ:個人情報保護委員会は、個人情報保護の推進を組織として継続的に取り組むための意思決定機関である。各部門、各職務の役割、責任、権限の決定と任命、個人情報保護方針の策定と規程の承認などを行う。

ウ:個人情報保護委員会は、営業や総務、人事など、実際の業務に熟知した人材を中心に部門横断的に招集する。また、組織内においては、その活動に実効性をもたせられるよう、公式の部門として位置づける必要がある。

エ:個人情報保護事務局は、個人情報保護管理者や個人情報保護委員会から独立した立場とし、個人情報保護の実効性をチェックする重要な役割を持つ。また、顧客や従業者などからの個人情報に関する問合せにも直接対応する。

答:エ

ア:正しい。個人情報保護管理者は、個人情報保護の推進者として、個人情報細方針及び個人情報管理規程の策定、運用、改善を実施する。個人情報保護対策の要であるため、役員が就任することが望ましい。

イ:正しい。個人情報保護委員会は、個人情報保護の推進を組織として継続的に取り組むための意思決定機関である。各部門、各職務の役割、責任、権限の決定と任命、個人情報保護方針の策定と規程の承認などを行う。

ウ:正しい。個人情報保護委員会は、営業や総務、人事など、実際の業務に熟知した人材を中心に部門横断的に招集する。また、組織内においては、その活動に実効性をもたせられるよう、公式の部門として位置づける必要がある。

エ:誤り。個人情報保護監査責任者は、個人情報保護管理者や個人情報保護委員会から独立した立場とし、個人情報保護の実効性をチェックする重要な役割を持つ。
顧客や従業者などからの個人情報に関する問合せにも直接対応するのは、個人情報の苦情・相談窓口であり、個人情報保護事務局がこの問合せに対応することもある。

スポンサーリンク

Home > 問41~問60(対策) > 第17回-問題56

Page Top

© 2011-2018 過去問.com