Home > 2014年9月 試験問題と解答・解説 > 学科-第1問(1)~(30)

スポンサーリンク

学科-第1問(1)~(30)

2014年9月-学科-第1問(1)

税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーのAさんは、顧客から税務に関する相談を受けたときは、一般的・抽象的な説明を行うにとどめ、個別・具体的な税額計算などは税理士に委ねている。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(2)

公的介護保険の介護給付または予防給付のサービスを受けた者は、原則として、かかった費用(食費、居住費等を除く)の3割を負担する。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(3)

国民年金の第1号被保険者によって生計を維持している配偶者で20歳以上60歳未満の者は、国民年金の第3号被保険者となる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(4)

特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢は段階的に引き上げられており、原則として、昭和36年4月2日以後に生まれた男性には支給されない。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(5)

住宅ローンの返済方法において元利均等返済方式と元金均等返済方式を比較した場合、返済期間や金利などの他の条件が同一であれば、通常、利息を含めた総返済金額が多いのは、元金均等返済方式である。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(6)

保険業法の規定によれば、保険契約の申込者等が保険契約の申込の撤回等に関する事項を記載した書面を交付された場合、原則として、その交付日と申込日のいずれか遅い日から起算して8日以内であれば、書面により申込の撤回等をすることができる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(7)

ファイナンシャル・プランナーのAさんは、一時払終身保険への加入を検討している顧客に対し、「一時払終身保険を早期に解約した場合、解約返戻金額が一時払保険料相当額を下回ることがあります」と説明した。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(8)

生命保険の災害割増特約では、被保険者が不慮の事故による傷害を直接の原因として、その事故の日から起算して240日以内に死亡または高度障害状態となった場合、災害割増保険金が支払われる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(9)

海外旅行保険では、被保険者が海外旅行のために住居を出発してから帰宅するまでの間に被った傷害について補償の対象となる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(10)

地震保険は単独で加入することができず、火災保険等に付帯して加入する。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(11)

日本銀行によるマネタリーベースを増加させる金融調節には、市場金利の低下を通じて金融を引き締める効果がある。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(12)

上場不動産投資信託(J-REIT)は、上場株式と同様に証券取引所を通じて取引され、成行や指値による注文も可能である。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(13)

東証株価指数(TOPIX)は、東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出される株価指数である。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(14)

外貨建てMMFは、高い信用格付けが付された短期債券等を主な投資対象とした米ドル建ての公社債投資信託であり、ユーロ建てや豪ドル建てのものはない。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(15)

オプション取引において、株式などの原資産を特定の価格(権利行使価格)で買う権利のことを、コール・オプションという。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(16)

税は国税と地方税に区分することができるが、固定資産税は地方税である。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(17)

所得税において、自己の生活の用に供する家具や衣服(骨とうや美術工芸品等には該当しない)を譲渡したことによる所得は、非課税所得とされる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(18)

所得税において、事業的規模で行われる不動産の貸付による所得は、事業所得となる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(19)

所得税では、居住者が地震保険料を支払った場合、支払った額の2分の1に相当する金額を、地震保険料控除として所得金額から控除する。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(20)

小売業を営む事業所得者で、その年分の所得金額が2,000万円以下である者は、所得税の確定申告が不要である。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(21)

土地の登記記録の表題部には、所在や地番など、その土地の表示に関する事項が記録される。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(22)

定期建物賃貸借契約(定期借家契約)は、公正証書によって契約しなければならない。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(23)

都市計画税は、原則として、都市計画区域のうち市街化調整区域内に所在する土地・家屋の所有者に対して課される。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(24)

建築基準法において、建ぺい率は、建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合と定められている。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(25)

相続による土地の取得に対しては、不動産取得税が課されない。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(26)

被相続人の遺言が残されていない場合、共同相続人は、必ず法定相続分どおりに遺産を分割しなければならない。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(27)

公正証書遺言は、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授し、公証人がそれを筆記して作成される遺言であり、作成にあたっては証人2人以上の立会が必要である。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(28)

被相続人の兄弟姉妹には、遺留分の権利が認められていない。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(29)

死因贈与によって取得した財産は、贈与税ではなく、相続税の課税対象となる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年9月-学科-第1問(30)

相続人が相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における貸付事業用宅地等に該当する場合、240m2を限度面積として評価額の80%を減額することができる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > 2014年9月 試験問題と解答・解説 > 学科-第1問(1)~(30)

Page Top

© 2011-2017 過去問.com