Home > 2014年1月 試験問題と解答・解説 > 学科-第1問(1)~(30)

スポンサーリンク

学科-第1問(1)~(30)

2014年1月-学科-第1問(1)

弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、遺産分割をめぐって係争中の顧客から相談を受け、報酬を得る目的で相続人間の利害調整に係る法律事務を取り扱った。この行為が顧客利益を優先して行ったものである場合、弁護士法に抵触しない。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(2)

住宅ローンの一部繰上げ返済には、返済期間短縮型と返済額軽減型の方法があるが、一般に、返済期間短縮型よりも返済額軽減型のほうが利息の軽減効果が大きい。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(3)

長期固定金利住宅ローンであるフラット35の借入金利は、融資実行時の金利ではなく、借入申込時の金利が適用される。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(4)

健康保険の任意継続被保険者となるための申出は、原則として、被保険者資格を喪失した日から20日以内に行わなければならない。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(5)

老齢厚生年金の支給要件は、厚生年金保険の被保険者期間を1年以上有する者が65歳以上であること、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていることである。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(6)

生命保険募集人が生命保険の募集に際し、顧客が支払うべき保険料を立替払いすることは、保険業法に定められる禁止行為に該当する。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(7)

特定疾病保障定期保険特約は、一般に、被保険者が保険期間中にがん・急性心筋梗塞・脳卒中により所定の状態に該当した場合、何度でも保険金が支払われる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(8)

地震保険における保険の対象には、1個または1組の価額が30万円を超える宝石や美術品等が含まれる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(9)

個人賠償責任保険において、被保険者が自動車の運転によって他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負った場合、保険金支払の対象となる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(10)

火災保険では、突風によって住宅の窓ガラスや屋根が破損し、一定の損害が生じた場合、補償の対象となる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(11)

東証株価指数(TOPIX)は、東京証券取引所市場第一部に上場する代表的な225銘柄を対象とした株価指数である。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(12)

A国の金利上昇により、B国との金利差が拡大し、B国からA国に資金が流入した場合、一般に、A国通貨高、B国通貨安の要因となる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(13)

無利息・要求払い・決済サービスを提供できる、という3つの条件を満たす決済用預金は、その全額が預金保険制度による預金保護の対象となる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(14)

銀行による預金の受入れや保険会社による保険契約の締結は、「金融商品の販売等に関する法律」における金融商品の販売に該当する。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(15)

外貨建てMMFは、30日以上保有するなどの所定の要件を満たした場合、投資元本が保証される。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(16)

税金は国税と地方税に区分できるが、所得税は国税であり、法人税は地方税である。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(17)

退職所得の金額(特定役員退職手当等に係るものは除く)は、その年中の退職手当等の収入金額から退職所得控除額を控除した残額の2分の1に相当する金額である。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(18)

所得税において、上場株式等の譲渡により生じた損失の金額は、総合課税を選択した上場株式等に係る配当所得の金額から控除することができる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(19)

保養の目的で所有する別荘など、生活に通常必要でない資産を譲渡したことによって生じた損失の金額は、他の所得の金額と損益通算することができない。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(20)

所得税において、身体の傷害に基因して支払われる保険金は、非課税所得とされる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(21)

不動産の登記記録の権利部(甲区)には、所有権に関する事項が記載される。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(22)

定期建物賃貸借契約(定期借家契約)は、公正証書によって締結しなければならない。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(23)

建築物の敷地が建ぺい率の限度(指定建ぺい率)の異なる地域にわたる場合、敷地全体について、敷地の過半の属する地域の指定建ぺい率が適用される。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(24)

土地・建物の売買契約書を2通作成し、売主・買主がそれぞれ保管する場合の印紙税の納付は、売主または買主のいずれか一方の契約書に印紙を貼付して消印することにより完了する。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(25)

自己が居住していた住宅を子に譲渡した場合、「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例」の適用を受けることができない。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(26)

自筆証書遺言の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(27)

相続税の課税価格の計算において、被相続人が生前に購入した本人の墓石の未払代金は、債務控除の対象となる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(28)

書面によらない贈与契約は、すでに履行が終わった部分を除き、贈与者または受贈者のどちらからでも撤回することができる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(29)

相続時精算課税制度の適用を受けた財産は、贈与者の相続に係る相続税の計算において、贈与時の価額によって相続税の課税価格に加算する。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2014年1月-学科-第1問(30)

成年後見制度には法定後見制度と任意後見制度があり、法定後見制度の種類には後見・保護・補助がある。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > 2014年1月 試験問題と解答・解説 > 学科-第1問(1)~(30)

Page Top

© 2011-2017 過去問.com