Home > 2013年9月 試験問題と解答・解説 > 実技(資産設計)-問1~問10

スポンサーリンク

実技(資産設計)-問1~問10

2013年9月-実技-第1問(問1)

ファイナンシャル・プランニング業務を行うに当たっては、関連業法を順守することが重要である。ファイナンシャル・プランナー(以下「FP」という)の行為に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1:社会保険労務士資格を有していないFPが、一般生活者向けの無料セミナーにおいて、日本の公的年金や公的医療保険の制度の仕組み・特徴について説明をした。

2:税理士資格を有していないFPが、仮定の事例に基づいて投資収益に対する課税額の計算方法を提示した。

3:弁護士資格を有していないFPが、事業承継問題で争っている顧客の訴訟代理人となり、法律判断に基づく具体的な和解案を提案して報酬を得た。

解答と解説

2013年9月-実技-第1問(問2)

下記は、桑原さんの家庭のキャッシュフロー表(一部抜粋)である。このキャッシュフロー表に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、計算に当たっては、キャッシュフロー表中に記載の整数を使用することとし、計算結果は万円未満を四捨五入することとする。

1:空欄(ア)に入る数値とその求め方:「280×(1+0.01)2286

2:空欄(イ)に入る数値とその求め方:「1,303-505=798

3:空欄(ウ)に入る数値とその求め方:「968×(1+0.01)=978

解答と解説

2013年9月-実技-第2問(問3)

下記は、経済用語についてまとめた表である。下表の経済用語に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1:空欄(ア)に入る用語は、「企業物価指数」である。

2:空欄(イ)に入る用語は、「買いオペレーション」である。

3:空欄(ウ)に入る用語は、「マネーストック」である。

解答と解説

2013年9月-実技-第2問(問4)

下記<資料>の用語に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1:(a)の日経平均株価:東京証券取引所第一部および第二部に上場している銘柄のうち、代表的な225銘柄の修正平均株価をいう。

2:(b)の売買高:売買が成立した株数をいい、出来高ともいわれる。

3:(c)の時価総額:上場している各銘柄の株価に上場株式数を乗じたもので、株式市場の規模を知ることができる。

解答と解説

2013年9月-実技-第2問(問5)

下記<資料>は、HC銀行の外貨建て資産を投資対象とする投資信託に係るパンフレットの一部である。<資料>の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

1:(ア)流動性リスク (イ)信用リスク

2:(ア)価格変動リスク (イ)流動性リスク

3:(ア)為替変動リスク (イ)信用リスク

解答と解説

2013年9月-実技-第2問(問6)

黒木さんは、XG銀行(日本国内に本店のある普通銀行)に下記<資料>の預金を預け入れている。仮に、XG銀行が経営破たんした場合、預金保険制度により保護される金額に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1:円定期預金1,000万円とその利息が預金保険制度により保護される。

2:円定期預金1,300万円とその利息が預金保険制度により保護される。

3:円定期預金700万円および外貨定期預金300万円の合計1,000万円とその利息が預金保険制度により保護される。

解答と解説

2013年9月-実技-第3問(問7)

建築基準法に基づき、下記<資料>の土地に建築物を建築する場合、この土地に対する建築物の建築面積の最高限度(計算式を含む)として、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。

1:150m2×60%=90m2

2:150m2×200%=300m2

3:150m2×(6m×4/10)=360m2

解答と解説

2013年9月-実技-第4問(問8)

医療保険(下記<資料>参照)の保障内容に関する次の記述の空欄(ア)にあてはまる金額として、正しいものはどれか。なお、保険契約は有効に継続しているものとし、ゆかりさんはこれまでに<資料>の保険から保険金および給付金を一度も受け取っていないものとする。

ゆかりさんが、平成25年中にガン(悪性新生物)と診断され、その後30日間入院し、給付倍率20倍の手術(1回)を受けた場合、支払われる給付金は、合計( ア )である。

1:20万円

2:25万円

3:50万円

解答と解説

2013年9月-実技-第4問(問9)

下記の生命保険契約A~Cについて、保険金・給付金が支払われた場合の課税関係に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1:契約Aについて、妻が受け取った満期保険金は、贈与税の課税対象となる。

2:契約Bについて、妻が受け取った死亡保険金は、相続税の課税対象となる。

3.契約Cについて、妻が受け取った入院給付金は、雑所得として所得税・住民税の課税対象となる。

解答と解説

2013年9月-実技-第4問(問10)

有馬武さんが契約している普通傷害保険の主な内容は、下記<資料>のとおりである。次の1~3のケース(該当者は有馬武さんである)のうち、保険金の支払い対象となるケースはどれか。なお、1~3のケースはいずれも保険期間中に発生したものである。また、<資料>に記載のない事項については一切考慮しないこととする。

1:地震により落ちてきた壁掛け時計が頭に当たり、ケガをして通院した。

2:虫垂炎になり、治療のため入院した。

3:ハイキングに行った際に転んでケガをし、破傷風に感染したため、入院した。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > 2013年9月 試験問題と解答・解説 > 実技(資産設計)-問1~問10

Page Top

© 2011-2017 過去問.com