Home > H25後期問題と解答・解説 > クレーン及びデリック

スポンサーリンク

クレーン及びデリック

H25後期-問1

クレーンの巻過防止装置に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:ねじ形リミットスイッチによる巻過防止装置は、フックブロックの上面によりレバーを押し上げてリミットスイッチを作動させる方式である。

2:重錘形リミットスイッチによる巻過防止装置は、カム形リミットスイッチによるものと比べて作動後の復帰距離が短い。

3:直働式の巻過防止装置は、直働式以外の方式に比べて停止精度が良い。

4:直働式の巻過防止装置に使われるリミットスイッチは、巻下げ過ぎの制限ができない。

5:直働式以外の方式の巻過防止装置は、ワイヤロープを交換した後、作動位置の再調整が必要である。

解答と解説

H25後期-問2

クレーンのトロリ又は作動装置に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:クラブトロリ式天井クレーンの巻上装置は、トロリ上に設けられている。

2:旋回装置は、ジブクレーンのジブなどを中心軸の周りに回転させる装置である。

3:ロープトロリは、つり具をつり下げた台車を、ガーダ上などに設置した巻上装置と横行装置によりロープを介して操作する構造のトロリである。

4:引込み装置は、天井クレーンに取り付けて荷の引込み、押し出しをする装置である。

5:巻上装置に主巻と補巻を設ける場合、一般に主巻の巻上げ速度は、補巻より遅い。

解答と解説

H25後期-問3

クレーンの構造部分に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:ガーダは、基本的には主けた、補助けた、水平部材及び筋かい材により構成される。

2:プレートガーダは、鋼板をI形状に組み立てた構造で、補助けたを設けないこともある。

3:ボックスガーダは、その断面のみでは水平力を十分に支えることができないため、補助けたと組み合わせて用いられる。

4:橋形クレーンの脚には、剛脚と揺脚があり、その構造は、ボックス構造やパイプトラス構造が多い。

5:サドルは、ガーダを支え、走行のための車輪を備えた構造物で、その構造は溝形鋼や鋼板を接合したボックス構造である。

解答と解説

H25後期-問4

ワイヤロープの端末の止め方とその略図の組合せとして、誤っているものは次のうちどれか。

1:クサビ止め

2:コッタ止め

3:圧縮止め

4:アイスプライス

5:クリップ止め

解答と解説

H25後期-問5

クレーンのブレーキに関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:電動油圧押上機ブレーキは、ばねの力で制動を行い、油圧によって押上げ力を得て制動力を解除するもので、ドラム形電磁ブレーキに比べて制動するまでの時間が長い。

2:電磁ディスクブレーキは、電磁石に電流を通じて制動力を解除するもので、ホイストの巻上装置に用いられる。

3:足踏み油圧式ディスクブレーキは、天井クレーンの走行用やジブクレーンの旋回用に用いられる。

4:電磁バンドブレーキは、バンドが鋳鉄製で、外側にブレーキライニングが取り付けられており、電流を絶つとおもりによってバンドがドラムを締め付けて制動する。

5:ドラム形電磁ブレーキは、ブレーキライニングとドラムのすき間の調整が不適正な場合には、ブレーキドラムの過熱の原因となる。

解答と解説

H25後期-問6

クレーンの給油又は点検に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:クレーンを点検するときは、そのクレーンの電源スイッチを切り、「通電禁止」等の表示をする。

2:潤滑油としてギヤ油を用いた減速機箱の場合、箱内が密封されているので油の交換は不要である。

3:クレーンの点検は一般に高所作業となるので、安全帯及び保護帽を着用する。

4:点検作業を開始する前に、点検内容、所要時間等を関係者に周知徹底される。

5:点検中のクレーンの近くで他のクレーンを運転するときは、点検中のクレーンへの衝突を防止するための措置が講じられていることを確認する。

解答と解説

H25後期-問7

ボルトの締め付けや緩み止めに用いられる部品名とその図の組合せとして、誤っているものは次のうちどれか。

1:ダブルナット

2:ばね座金

3:こう配座金

4:溝付きナット

5:舌付き座金

解答と解説

H25後期-問8

クレーンに関する用語について、次のうち誤っているものはどれか。

1:天井クレーンで、トロリがガーダに沿って移動する運動を横行という。

2:ジブクレーンで、ジブがセンターポストを軸として回る運動を起伏という。

3:ケーブルクレーンで、トロリがメインロープに沿って移動することを横行という。

4:橋形クレーンで、クレーン全体が移動する運動を走行という。

5:クレーンの各種運動を組み合わせてつり荷を移動できる範囲を作業範囲という。

解答と解説

H25後期-問9

クレーンの運転時の注意事項として、誤っているものは次のうちどれか。

1:天井クレーンでは、巻上げ、横行、走行の三つの操作を同時には行わない。

2:無線操作式クレーンでは、原則として歩行しながらの運転はしないようにし、やむを得ず歩行しながら運転するときは、平坦で安全な通路を決めて歩行する。

3:クレーンを運転する際、合図者の合図が不明確な場合は運転者の判断で運転する。

4:安全装置は、故障することもあるので、安全装置に頼りきった運転をしない。

5:荷振れを防止するためには、荷の振れが大きい場合は追ノッチを大きく、荷の振れが小さい場合は追ノッチを小さくする。

解答と解説

H25後期-問10

クレーンの種類・形式又は用途に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:ホイスト式天井クレーンは、クラブトロリ式天井クレーンのクラブトロリの代わりに電気ホイスト等を用いたもので、床上で操作するものが多い。

2:橋形クレーンは、ホイスト式、クラブトロリ式、ロープトロリ式、マントロリ式などに分類され、工場での材料・製品の運搬、ふ頭での貨物の荷役などに使用される。

3:高脚ジブクレーンは、門形の架構上にジブを有する旋回体を乗せた形式のクレーンで、主にふ頭、岸壁等における荷役に使用される。

4:アンローダは、鉄鉱石などのばら物を荷役するための専用のクレーンで、橋形クレーン式と引込みクレーン式に大別される。

5:塔形ジブクレーンは、塔状の構造物の上部に起伏するジブとクライミング装置を設けたクレーンで、主に建設工事に使用される。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H25後期問題と解答・解説 > クレーン及びデリック

Page Top

© 2011-2017 過去問.com