Home > 関係法令 > H22後期-問16

H22後期-問16

クレーンの自主検査又は点検に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:作業開始前の点検においては、ランウェイの上及びトロリが横行するレールの状態についても、点検を行わなければならない。

2:1月以内ごとに1回行う定期自主検査においては、ワイヤロープ及びつりチェーンの損傷の有無についても、検査を行わなければならない。

3:定期自主検査を行う日後6月以内にクレーン検査証の有効期間が満了するクレーンについては、1年以内ごとに1回行う定期自主検査を行わなくてもよい。

4:定期自主検査又は作業開始前の点検を行い、異常を認めたときは、直ちに補修しなければならない。

5:定期自主検査の結果の記録は、3年間保存しなければならない。

答:3

1:正しい。作業開始前の点検においては、ランウェイの上及びトロリが横行するレールの状態についても、点検を行わなければならない。

2:正しい。1月以内ごとに1回行う定期自主検査においては、ワイヤロープ及びつりチェーンの損傷の有無についても、検査を行わなければならない。

3:誤り。定期自主検査を行う日後2月以内にクレーン検査証の有効期間が満了するクレーンについては、1年以内ごとに1回行う定期自主検査を行わなくてもよい。

4:正しい。定期自主検査又は作業開始前の点検を行い、異常を認めたときは、直ちに補修しなければならない。

5:正しい。定期自主検査の結果の記録は、3年間保存しなければならない。

スポンサーリンク

Home > 関係法令 > H22後期-問16

Page Top

© 2011-2017 過去問.com