Home > H26後期問題と解答・解説 > クレーン及びデリック

スポンサーリンク

クレーン及びデリック

H26後期-問1

クレーンの巻過防止装置に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:レバー型リミットスイッチを用いた巻過防止装置は、フックブロックの上面によりレバーを押し上げてリミットスイッチを作動させる方式である。

2;カム形リミットスイッチを用いた巻過防止装置は、巻上げ過ぎ及び巻下げ過ぎの両方の位置制限を1個のリミットスイッチで行うことができる。

3:重錘形リミットスイッチを用いた巻過防止装置には、電磁接触器の操作回路を開く操作回路式と、電動機の回路を直接開く動力回路式がある

4:直働式以外の方式の巻過防止装置は、直働式に比べて停止精度が良い。

5:重錘形リミットスイッチを用いた巻過防止装置は、ワイヤロープを交換したとき、スイッチの作動位置の再調整が不要である。

解答と解説

H26後期-問2

クレーンのブレーキに関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:電動油圧押上機ブレーキは、ドラム形電磁ブレーキに比べて制動するまでの時間が長い。

2:バンドブレーキは、巻線形誘導電動機と組合せて巻下げの速度制御用に用いられる。

3:足踏み油圧式ディスクブレーキは、運転室に設けた足踏み油圧シリンダを操作することによって制動する。

4:ドラム形電磁ブレーキは、ばねによりドラムの両側をシューで締め付けて制動し、電磁石に電流を通じて制御力を解除する。

5:電動油圧式ディスクブレーキは、ばねによりディスクをパッドで締め付けて制動し、制動力を解除を電動油圧により行う。

解答と解説

H26後期-問3

クレーンの給油に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:クレーンに使用する潤滑油は、給油部分の使用状態に応じ、粘度、油膜の強さ、変質しにくさなどを考慮する必要がある。

2:給油の際、車輪の踏面やレールの上面に油が付着した場合には、ベンジンなどでよく拭き取る。

3:軸受にグリースを給油する間隔は、転がり軸受では毎日1回程度、平軸受(滑り軸受)では6か月に1回程度を目安とする。

4:グリースカップ式やグリースガン式の給油は、集中給油式に比べ、手間がかかる。

5:ワイヤロープには、ロープ専用のグリースを塗布する。

解答と解説

H26後期-問4

クレーンの機械要素に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:転がり軸受は、平軸受(滑り軸受)に比べて回転部分の摩擦抵抗が大きい。

2:割形軸継手は、取付け・取外しのときに軸を軸方向に移動する必要がない。

3:フランジ形たわみ軸継手は、起動及び停止時の衝撃や荷重変化によるたわみの影響を緩和するために用いられる。

4:リーマボルトは、ボルト径が穴径よりわずかに大きく、軽く打ち込んで締め付けるので取付け精度が良い。

5:ウォームギアは、ウォームとこれにかみ合うウォームホイールを組合せたもので、被動軸の方向は駆動軸に対し直角となる。

解答と解説

H26後期-問5

クレーンに関する用語について、次のうち誤っているものはどれか。

1:天井クレーンで、トロリがガータに沿って移動する運動を横行という。

2:ジブクレーンが、旋回中心を軸としてジブが回る運動を旋回という。

3:引込みクレーンが、ジブを起伏させるとき、つり荷がほぼ水平に移動する運動を水平引込みという。

4:荷が上昇する運動を巻上げといい、荷が下降する運動を巻下げという。

5:定格速度とは、つり上げ荷重に相当する荷重の荷をつって、巻上げ、走行、横行、旋回などの作動を行う場合のそれぞれの最高の速度をいう。

解答と解説

H26後期-問6

クレーンの構造部分に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:ガーダには、作用する荷重に対し十分な強度と剛性を持たせるように、各種の断面形状のものがある。

2:プレートガーダは、三角形に組んだ部材を単位とする骨組構造で強度が大きい。

3:ボックスガーダは鋼板を箱型に組み立てたもので、その断面のみで水平力を支える事ができるため補助桁は不要である。

4:Iビームガーダは、I形鋼を用いたガーダで、補助桁を設けないこともある。

5:天井クレーンのサドルは、ガーダを支え、走行のための車輪を備えた構造物である。

解答と解説

H26後期-問7

ワイヤロープに関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:フィラー形のワイヤロープは繊維心の代わりにフィラー線を心鋼したものである。

2:同じ径のワイヤロープでも、素線が細く数の多いものほど柔軟性がある。

3:ワイヤロープの端末の止め方は、ドラムに対しては、キー止め、ロープ押さえなどが多く用いられる。

4:「普通より」のワイヤロープは、ロープよりの方向とストランドのよりの方向が反対である。

5:ワイヤロープの径の測定は、同一断面の長い方の径を3方向から測り、その平均値をとる。

解答と解説

H26後期-問8

デリックの旋回に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:旋回専用の電動機で旋回装置を駆動して、ブームを旋回させるデリックがある。

2:ブームの旋回のためのブルホイールは、マスト下部に水平に固定された円形の輪である。

3:ウインチのスインガードラムは、1個のドラムで構成されている。

4:ガイデリックでは、ブルホイールが回転するとき、マストも回転する。

5:旋回の制限位置の手前で、ブルホイールに取付けたストライカによりリミットスイッチを作動させる旋回警報装置がある。

解答と解説

H26後期-問9

デリックの種類及び形式に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:スチフレッグデリックは、1本の直立したマストを後方から3本以上のステーによって支え、その根元にブームをピン結合したデリックで、通常、旋回角度は180°以内である。

2:ガイデリックは、1本の直立したマストを6本以上のガイロープによって支えるもので、ブームはガイロープをくぐるようにして360°まで旋回する。

3:ジンポールデリックは、1本のマストを3本以上のガイロープにより支えるもので、マストを傾斜させて使用する。

4:鳥居形デリックは、2本のマストとその上端を結ぶ横ばりをガイロープにより支えるもので、通常、数個のつり具の組合せにより荷の巻上げ・巻下げを行う。

5:二又デリックは、2本のマストを互いに交差させ、2本以上のガイロープにより支えるもので、交差部に巻上げ用ワイヤロープが取り付けられる。

解答と解説

H26後期-問10

デリックの取扱いに関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:作業開始前に、無負荷でならし運転を行い、ブレーキ、クラッチ、警報装置などの機能を確認する。

2:荷の水平移動を行う場合は、荷を所要の高さまで巻き上げてから、水平移動に移る。

3:ウインチを用いるデリックでは、作業中に停電になったときは、止め金を外し、クラッチを掛け、スイッチを切って送電を待つ。

4:ドラムフリーにしてブレーキ操作により巻下げを行うデリックでは、急ブレーキをかけることのないよう慎重に運転する。

5:ブームを有しウインチを用いるデリックでは、作業終了時にはブームを所定の位置に戻し、ウインチの各ドラムに歯止めを掛け、クラッチを外した後、スイッチを切る。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H26後期問題と解答・解説 > クレーン及びデリック

Page Top

© 2011-2017 過去問.com