Home > H25前期問題と解答・解説 > クレーン及びデリック

スポンサーリンク

クレーン及びデリック

H25前期-問1

クレーンの機械要素に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:ローラーチェーン軸継手はたわみ軸継手の一種で、2列のローラーチェーンと2個のスプロケットからなり、ピンの抜き差しで両側の連結、分離ができる。

2:歯車形軸継手は、外筒の内歯車と内筒の外歯車がかみ合う構造で、外歯車にはクラウニングが施してあるため、二つの軸のずれや傾きがあっても円滑に動力を伝えることができる。

3:はすば歯車は、歯が軸につる巻状に斜めに切られており、動力の伝達にむらが多い。

4:ボルト締結部のゆるみ止めには座金のほか、ダブルナット、スプリングナットなどが用いられる。

5:スラスト軸受は、軸の長手方向の荷重を支える軸受である。

解答と解説

H25前期-問2

クレーンの運転時の注意事項として、誤っているものは次のうちどれか。

1:天井クレーンでは、巻上げ、横行、走行の三つの操作を同時には行わない。

2:無線操作式クレーンでは、原則として歩行しながらの運転はしないようにし、やむを得ず歩行しながら運転するときは、平坦で安全な通路を決めて歩行する。

3:クレーンを運転する際、合図者の合図が不明確な場合は運転者の判断で運転する。

4:安全装置は、故障することもあるので、安全装置に頼りきった運転をしない。

5:荷振れを防止するためには、荷の振れが大きい場合は追ノッチを大きく、荷の振れが小さい場合は追ノッチを小さくする。

解答と解説

H25前期-問3

クレーンの構造部分に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:ガーダには、作用する荷重に対し十分な強度と剛性を持つように、各種の断面形状のものがある。

2:プレートガーダは、三角形に組んだ部材を単位とする骨組構造で強度が大きい。

3:ボックスガーダは、鋼板を箱形に組み立てたもので、その断面のみで水平力を支えることができるため補助けたは不要である。

4:Iビームガーダは、I形鋼を用いたガーダで、補助けたを設けないこともある。

5:天井クレーンのサドルは、ガーダを支え、走行のための車輪を備えた構造物である。

解答と解説

H25前期-問4

クレーンの安全装置等に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:ねじ形リミットスイッチによる巻過防止装置は、電磁接触器の操作回路を開閉する方式で、複数の接点を設けることができる。

2:直働式の巻過防止装置は、直働式以外の方式に比べて作動後の復帰距離が短い。

3:カム形リミットスイッチによる巻過防止装置は、ワイヤロープを交換したとき、スイッチの作動位置の再調整が不要である。

4:アンカーは、走行路端のアンカー基礎金物の位置までクレーンを移動させ、短冊状の金物を挿入し固定する方式が一般的である。

5:クレーン本体がレール端から走り出るのを防止するため、通常、走行レールの両端にゴムなどを用いたストッパー又は車輪止めを設ける。

解答と解説

H25前期-問5

ワイヤロープ端末の止め方とその略図の組合せとして、正しいものは次のうちどれか。

1:合金止め

2:クサビ止め

3:アイスプライス

4:圧縮止め

5:クリップ止め

解答と解説

H25前期-問6

クレーンの給油に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:クレーンに使用する潤滑油は、給油部分の使用状態に応じ、粘度や変質しにくさ、油膜の強さを考慮する必要がある。

2:給油の際、車輪の踏面やレールの上面に油が付着した場合には、ベンジンなどでよくふき取る。

3:転がり軸受の給油にグリースを用いる場合には、給油間隔は6か月に1回程度を目安とする。

4:平軸受の給油にグリースを用いる場合には、給油間隔は毎日1回程度を目安とする。

5:ワイヤロープには、マシン油を塗布して腐食や摩耗を防止する。

解答と解説

H25前期-問7

クレーンのブレーキに関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:電動油圧押上機ブレーキは、油圧によって制動を行うもので、ドラム形電磁ブレーキに比べて迅速な制動が可能である。

2:電磁バンドブレーキのバンドは、一般に軟鋼が用いられ、その内側にライニングが取り付けられている。

3:足踏み油圧式ディスクブレーキは、ディスクを電動機の軸端に取り付け、運転室に設けた足踏み油圧シリンダを操作することによって制動する。

4:ドラム形電磁ブレーキは、ブレーキドラムの外面に両側からブレーキライニングを押し付けて制動する。

5:電動油圧式ディスクブレーキは、ディスクをばねの力でパッドを介して締め付けて制動し、制動力の解除を電動油圧により行う。

解答と解説

H25前期-問8

ブームを有するデリックの運動又は作業範囲に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:デリックの作業半径を変えるときは、通常、ブームは伸縮することができないので、ブームの起伏運動により行う。

2:ブームの傾斜角が小さくなると作業半径は大きくなる。

3:デリックの作業範囲は、ブームの長さと起伏限度及び旋回範囲により決まる。

4:旋回中心を軸としてブームが回る運動を旋回という。

5:ウインチを用いるデリックでは、ブームの起こしと巻上げの運動を同時に行うことによって、水平引込みを行う。

解答と解説

H25前期-問9

デリックの種類・形式に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:スチフレッグデリックは、1本の直立したマストを通常90°に開いている2本のステーにより後方から支えるもので、根元にブームをピン結合している。

2:ガイデリックは、1本の直立したマストとその根元にピン結合されたブーム、マストを支える6本以上のガイロープ、ウインチ及び付属品で構成される。

3:ジンポールデリックは、1本のマストとこれを支える3本以上のガイロープ、ウインチ及び付属品で構成され、旋回は通常240°が限度である。

4:鳥居形デリックは、2本のマストとその上端を結ぶ横ばりからなり、通常、数個のつり具を組み合わせて重量物等の特殊な荷の巻上げ・巻下げを行う。

5:二又デリックは、2本のマストを互いに交差させ、2本以上のガイロープにより支えるもので、交差部に巻上げ用ワイヤロープが取り付けられる。

解答と解説

H25前期-問10

デリックの取扱いに関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:ウインチを用いるデリックでは、巻過防止装置を備えていないものは、使用してはならない。

2:ウインチを用いるデリックでは、作業中に停電になったときは、歯止め又は止め金を掛け、クラッチを外し、スイッチを切って送電を待つ。

3:旋回するデリックでは、旋回範囲を超えることを防ぐため、旋回用ワイヤロープに目印をつけておく方法がある。

4:ブームを有しウインチを用いるデリックでは、作業終了時には、ブームを所定の位置に戻し、ウインチの各ドラムに歯止めを掛け、クラッチを外した後、スイッチを切る。

5:コントローラーで操作するデリックでは、作業終了時には、コントローラーのハンドルを停止の位置に戻した後、スイッチを切る。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H25前期問題と解答・解説 > クレーン及びデリック

Page Top

© 2011-2017 過去問.com