Home > 基礎 > H21-2-基礎-5-1

H21-2-基礎-5-1

光ファイバ通信で用いられる光変調とは、光を透過する媒体の屈折率や吸収係数などを変化させ、光の属性である[  ]、周波数、位相などを変化させることにより、光に情報を乗せることである。

1:振幅

2:利得

3:反射率

答:1

光ファイバ通信で用いられる光変調とは、光を透過する媒体の屈折率や吸収係数などを変化させ、光の属性である[振幅]、周波数、位相などを変化させることにより、光に情報を乗せることである。

スポンサーリンク

Home > 基礎 > H21-2-基礎-5-1

Page Top

© 2011-2017 過去問.com