Home > 技術及び理論 > H21-1-技術及び理論-4-4

H21-1-技術及び理論-4-4

ISDN基本ユーザ・網インタフェースのポイント・ツー・ポイント配線構成において、NTとTE間のケーブルの最大許容損失値は、96キロヘルツにおいて[  ]デシベルであり、ケーブル配線距離は、ケーブル心線径により異なるが、一般に、最大1.0キロメートル程度までである。

1:3

2:6

3:10

答:2

ISDN基本ユーザ・網インタフェースのポイント・ツー・ポイント配線構成において、NTとTE間のケーブルの最大許容損失値は、96キロヘルツにおいて[6]デシベルであり、ケーブル配線距離は、ケーブル心線径により異なるが、一般に、最大1.0キロメートル程度までである。

スポンサーリンク

Home > 技術及び理論 > H21-1-技術及び理論-4-4

Page Top

© 2011-2017 過去問.com