Home > 技術及び理論 > H21-1-技術及び理論-4-1

H21-1-技術及び理論-4-1

電気通信回線工事などにおける接地工事では、接地抵抗は所要の値を満足させる必要がある。一般に、接地抵抗は、土壌の[  ]ほど小さくなる。

1:温度が低い

2:電解質の量が少ない

3:水分含有率が大きい

答:3

電気通信回線工事などにおける接地工事では、接地抵抗は所要の値を満足させる必要がある。一般に、接地抵抗は、土壌の[水分含有率が大きい]ほど小さくなる。


また接地抵抗は、土壌の電界質の量が多いほど、温度が高いほど小さくなる。

スポンサーリンク

Home > 技術及び理論 > H21-1-技術及び理論-4-1

Page Top

© 2011-2017 過去問.com