Home > 法規 > H20-1-法規-3-3

H20-1-法規-3-3

端末設備の機器で、その電源回路と筐体及びその電源回路と事業用電気通信設備との間の絶縁抵抗について述べた次の文章のうち、正しいものは、[  ]である。

1:使用電圧が300ボルト以下の場合にあっては、0.1メガオーム以上であること。

2:使用電圧が300ボルトを超え750ボルト以下の直流の場合にあっては、0.2メガオーム以上であること。

3:使用電圧が300ボルトを超え600ボルト以下の交流の場合にあっては、0.4メガオーム以上であること。

答:3

1:誤り。使用電圧が300ボルト以下の場合にあっては、0.2メガオーム以上であること。

2:誤り。使用電圧が300ボルトを超え750ボルト以下の直流の場合にあっては、0.4メガオーム以上であること。

3:正しい。使用電圧が300ボルトを超え600ボルト以下の交流の場合にあっては、0.4メガオーム以上であること。


端末設備の機器は、その電源回路と筐体及びその電源回路と事業用電気通信設備との間に次の絶縁抵抗及び絶縁耐力を有しなければならない。
一 絶縁抵抗は、使用電圧が300ボルト以下の場合にあっては、0.2メガオーム以上であり、300ボルトを超え750ボルト以下の直流及び300ボルトを超え600ボルト以下の交流の場合にあっては、0.4メガオーム以上であること。
二 絶縁耐力は、使用電圧が750ボルトを超える直流及び600ボルトを超える交流の場合にあっては、その使用電圧の1.5倍の電圧を連続して10分間加えたときこれに耐えること。

スポンサーリンク

Home > 法規 > H20-1-法規-3-3

Page Top

© 2011-2017 過去問.com