Home > 技術及び理論 > H20-1-技術及び理論-4-2

H20-1-技術及び理論-4-2

アナログ電話サービスの故障切分けにおいて、電気通信回線設備(通信回線)と端末設備(端末)との接続点がコンデンサ及び抵抗を内蔵するジャック式ローゼットである場合、端末を切り離して、事業者側から静電容量試験を実施した結果、測定値が心線間の静電容量とローゼットの静電容量の合計値であったとき、一般に、故障箇所は、[  ]にあると推定される。

1:通信回線側

2:端末側

3:通信回線側と端末側の両方

答:2

アナログ電話サービスの故障切分けにおいて、電気通信回線設備(通信回線)と端末設備(端末)との接続点がコンデンサ及び抵抗を内蔵するジャック式ローゼットである場合、端末を切り離して、事業者側から静電容量試験を実施した結果、測定値が心線間の静電容量とローゼットの静電容量の合計値であったとき、一般に、故障箇所は、[端末側]にあると推定される。

スポンサーリンク

Home > 技術及び理論 > H20-1-技術及び理論-4-2

Page Top

© 2011-2017 過去問.com