Home > 技術及び理論 > H19-2-技術及び理論-4-1

H19-2-技術及び理論-4-1

保安器に用いられている過電流防護素子であるPTCサーミスタは、信号電流値を超える強電流が通信線から保安器に流れた場合、自己発熱で[  ]が増加し、過電流を阻止する機能を有している。

1:抵抗

2:導電率

3:静電容量

答:1

保安器に用いられている過電流防護素子であるPTCサーミスタは、信号電流値を超える強電流が通信線から保安器に流れた場合、自己発熱で[抵抗]が増加し、過電流を阻止する機能を有している。

スポンサーリンク

Home > 技術及び理論 > H19-2-技術及び理論-4-1

Page Top

© 2011-2017 過去問.com